« トリッカーのちXSR | トップページ | オショロコマ大作戦 »

2018年9月15日 (土)

北大雪のナキウサギとアンギラス

久しぶりの北海道は絶景でした^^

Qp9150219

記録的な猛暑が続いた平成最後の夏も終わりを迎えた秋の頃、4年ぶりに北海道へ行くことにしました。

 

今回の目的は北大雪のエゾナキウサギ。

北大雪には日本三百名山に制定されている「ニセイカウシュッペ山」通称「ニセカウ」が有名ですが、今回はその東側にある、百名山でも二百名山でも三百名山でもない山々に登る計画です。

そのターゲットの山とは・・・

「ヒラヤマ」「ヒマナヤマ」「ヒマラヤマ」^^

 

一応、「平山」「比麻奈山」「比麻良山」という漢字が振られていますが、どう見ても「ヒマラヤ」をもじったとしか思えない山々ですね。

あと、「アンギラス」っていう名の山もあります。

 

そう、今回の目的はこの付近一帯に棲息しているエゾナキウサギに会いに来たのです。

ちなみに過去のエゾナキウサギ山行の様子はこちら。

2013/7/28 東大雪ニペソツ山

2013/9/22 大雪山系トムラウシ山

2013/9/23 大雪山系緑岳

2014/9/21 十勝連峰石垣山

 

14日の金曜日の夕方、旭川空港に降り立ちました。

9月6日のあの大地震の影響から旅行客のキャンセルが相次いでいるとの報道もありましたが、意外にも機内は満席でした。

航空券の購入、レンタカーや宿の手配など、今回の北海道行きの計画を終えたのが9月2日。

そして6日にあの地震。

状況によっては予定をすべてキャンセルしようと様子を伺っていましたが、停電は14日にほぼ解消。その他ライフラインも道北〜道東では影響ないとのことでしたので、無用な自粛などせずに予定通り決行することにしました。

 

15日未明、士別の温泉宿を出発(温泉最高でした^^)。

士別の街中にある数少ないコンビニでおにぎりを調達。

地震の影響なのかパンや缶コーヒー類は全く商品が陳列されていませんでした。

それ以外の商品は普通に並べられていたのでスポドリとおにぎりを無事ゲットすることができました。

 

旭川紋別自動車の奥白滝 ICを出て30分ほどで登山口に到着。

未舗装林道が数km続いていて思ったより遠く感じました。

林道終点の駐車場には誰もいなく、僕が一番乗りのようです。

AM5:40 ひらやま登山口

Qp9150002

登山道は湧別川の上流の支湧別川の源流部に沿ってつけられています。

よく整備された登山道と思っていたのですが、途中から大きな倒木だらけで潜ったり登ったりで大変でした。

8月末に襲来した台風20号の影響でしょうか?

 

ツバメオモト

Qp9150010

 

行雲の滝

Qp9150022

オショロコマがいないか探したけど見つからず。

 

またまた滝。今度のは近い!

Qp9150034

ナナカマドの紅葉が始まりましたね。ダケカンバの白い幹とのコントラストが美しい。

Qp9150043

二股という気持ちの良い場所で大休憩。

Qp9150060

休憩中に後ろから二人組さんが現れて先行していきました。

これでクマさんに襲われるリスクが減って一安心です。

Qp9150062

チングルマの草紅葉

Qp9150067

ハイマツ帯に変わると平山〜比麻良山の稜線まであとわずかです。

Qp9150070

7:45 分岐の展望台(標高1737m) おぉ〜絶景だ〜!

Qp9150073

左手には平らな平山への稜線が続き、その奥に大雪山がドーンと登場!

 

右手には比麻奈山へ伸びる稜線と、その奥に右からアンギラス、ニセカウ、大槍、小槍のピークが並んでいます。

Qp9150074

さらに右手には比麻良山への稜線が続く。

Qp9150075

あぁ〜、はるばる北海道まできて、そして今日という日にこの場所を選んで本当によかった!

 

さて、まずは平山に行きましょう。

Qp9150084

途中の岩場からナキウサギの鳴き声が聞こえたので、しばらくナキウサギさんを出待ちしました。

Qp9150086

一瞬、何かがササっと動いたような気がしましたが、残念ながらその何かをはっきりとは確認できませんでした。

 

8:15 平山(標高1771m) \(^o^)/ 

Qp9150096

山名標識が上下バラバラになっていたのでA型の僕は丁寧に揃えておきました^^

 

山頂からは大雪山の眺めが素晴らしい!左端にトムラウシも見えましたよ! 

Qp9150090

大槍とアンギラスを従えたニセイカウシュッペ。

Qp9150093

絶景だね〜

Qp9150089

小槍ズーム

Qp9150099

さて、次は比麻奈山へ向かいましょう(ヒマじゃないけどね)。一旦分岐点まで戻ります。

Qp9150102

再度ナキウサギポイントで粘っていると、ソロの方が平山を往復して行きました。

Qp9150106

このソロの方、クマ鈴をたくさんつけていて歩くとジャラジャラとものすごい大音量です。

さらにクマに襲われるリスクが減りました^^

 

ウラシマツツジの紅葉が見事ですね〜

Qp9150108

分岐の展望台をすぎて比麻奈山手前で再びナッキーの鳴き声が聞こえました。

Qp9150114

岩場に降りてじっとナッキーの登場を待ちます。

望遠レンズ様で遠くのトムラウシ山を眺めながら・・・

Qp9150116

 

おにぎりを食べながら視線を何気なく手前の岩に移すと、なんとそこにナッキーがいるではありませんか!

Qp9150118

エ〜、いつからそこにいたの?

目が慣れただけで最初からそこにいたのね〜

 

久しぶりにナキウサギさんに会えて大感激です\(^o^)/

Qp9150120

エゾナキウサギ ウサギ目ナキウサギ科 準絶滅危惧種 英名:Japanese pika

Qp9150130

しばらく観察していたらナキウサギ語がだんだんわかってきました。

 

機嫌がいい時:ピュイッ

超ご機嫌な時:ピューイ! ピューイ! ピューイ! ピューイ! ピューイ! 

びっくりして巣穴に逃げ込む時:ピュリリリリリリリ

 

Qp9150152

かわいいな〜

 

名残惜しいけど、小一時間ほどナッキーを観察できたのでそろそろ出発しましょう。

Qp9150160

 

9:45 比麻奈山(標高1811m)

Qp9150163

ここからアンギラスを経てニセカウに伸びるバリエーションルートがそそります。

二股で先行した2人組とクマ鈴大魔王はアンギラスに向かったようです。

僕は誰もいない比麻良山へ方面に向かいます。

Qp9150165

比麻良山も岩場があってナッキーがたくさんいそうです^^

Qp9150168

10:05 比麻良山(標高1796m)

Qp9150181

チングルマの紅葉

Qp9150186

 

比麻良山で引き返す計画でしたが、さらにその先に見えたこんもりとしたお山に行ってみたくなりました。

Qp9150189

調べてみたら「文蔵岳」というらしい。

先日亡くなられたさくらももこさんを偲んで、静岡県民としては行かねばなるまい。
ここで友蔵、心の一句。

「文と友、素で間違えてたと今気づく」

 

※まるこのじいちゃんの名前を「文蔵」と勘違いしてた。

 

10:30 文蔵岳(標高1755m)

Qp9150199

記念撮影^^

Qp9150210

平山からの景色と違って、左からアンギラス、大槍、ニセカウの並び。

Qp9150215

こちらからみた方がアンギラスがアンギラスっぽくてかっこいい!

 

さて引き返しましょう。

Qp9150217

11:30 再び比麻奈山 アンギラスへ行ってみよう!

Qp9150221

予定にはなかったけどアンギラスがあまりにもかっこいいのでヒマナヤマからアンギラスまで往復してみることにしました(ヒマじゃないけどね)。

こちらの登山道はバリルートらしくハイマツの藪漕ぎが結構厄介でした。

両手がヤニでベトベトになりながら途中に現れるプチ岩峰を超えて行きます。

 

12:10 アンギラス(標高1830m) \(^o^)/

Qp9150235

ニセカウが近い!

Qp9150237

振り返ると歩いてきた比麻奈山からの稜線。

Qp9150240

うんうん、満足満足。

さて戻りましょう。

Qp9150241

藪漕ぎが厄介ですが途中の岩峰がかっこいい。

Qp9150243

 

13:00 三度比麻奈山(ヒマじゃないけどね!)

Qp9150251

名残惜しいけど、ぼちぼち帰りましょう。

Qp9150252

最後にもう一度ナッキーにご挨拶。またいつか会いにくるね〜

Qp9150256

帰りはいつものごとく一目散に下山。

Qp9150269

14:45 ひらやま登山口 無事ついた〜

Qp9150275

 

さて、今回のヒラヤマ、文蔵岳、アンギラス。

百名山でも二百名山でも三百名山でもないけど(一応平山は北海道百名山らしい)ニセカウや大雪山の絶景展望は素晴らしいの一言。

さらにナキウサギさんもたくさん居て楽園のような場所でした。

7月の夏の時期にも来てみたいですが、ナキウサギが冬に向けて貯蓄を始めるこの時期の方が目撃率が高くなるので、ナッキー目当てだと秋口になっちゃうんですよね。

コース取りは平山と文蔵岳を省略すれば十分ニセカウまで往復可能と思いますので、そちらのプランも魅力的ですね。

 

北海道はなかなか気楽に来れないですけど、今回の山行で北海道の山の素晴らしさの一端を垣間見たような気がします。

できれば毎年北海道に来たい! チャンスがあれば北大雪にもまた来たいです。

|

« トリッカーのちXSR | トップページ | オショロコマ大作戦 »

4.遠足大作戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トリッカーのちXSR | トップページ | オショロコマ大作戦 »