« 飯豊のヒメサユリ(その1) | トップページ | 飯豊のイワナ »

2018年6月23日 (土)

飯豊のヒメサユリ(その2)

ヒメサユリ山行その2です。その1はこちらからどうぞ。

Qp6230264

切合小屋からはミヤマキンバイとオノエランの咲く丘を通って、標高差150mの雪渓の登り。

Qp6230196

雪渓の上は涼しいね〜

 

登りきったらオオバキスミレが出迎えてくれました。

Qp6230198

 

そしてミヤマキンポウゲの咲き乱れる草履塚山頂へ

Qp6230201

 

10:10 草履塚(標高1908m) \(^o^)/ 大日岳の絶景ゲット!

Qp6230202

 

咲き始めのヨツバシオガマが大日岳をバックに映えるね〜

Qp6230206

 

今年はコバイケイソウ開花年ですね^^

Qp6230210

 

ふっかふかのヒナウスユキソウ

Qp6230212

 

草履塚からは一旦下って本山小屋まで登り返しになります。

Qp6230219

 

マメ〜の花も咲き乱れる。

Qp6230223

 

御秘所と呼ばれる岩場にはミヤマダイコンソウの花がへばりついています。

Qp6230227

標高差230mの御前坂を登りきると飯豊山神社のある本山小屋に到着。

 

11:10 本山小屋(標高2102m)

Qp6230233

 

ここまで来たら飯豊本山は目前^^

Qp6230234

 

11:30 飯豊本山(標高2105m) \(^o^)/

Qp6230258

やっとついた〜

同じルートを歩いていきたソロの方に写真を撮ってもらいました(感謝!)

 

ちょっと曇って来ちゃったけど360度の大パノラマに感動です。

 

南西方面には飯豊連峰最高峰の大日岳。肉眼だと佐渡島も見えました^^

Qp6230261

大日岳お取り寄せ^^

Qp6230273

今いる本山より20mほど高いみたい。

 

北西方面は北股岳

Qp6230260

北股岳もお取り寄せ^^

Qp6230272

 

北方面は大グラ尾根 遠くに日本海に浮かぶ粟島 そして朝日連峰。

Qp6230259

粟島ズーム

Qp6230276

朝日連峰の以東岳。その奥は鳥海山?

Qp6230277

月山もゲット!

Qp6230279

南東方面は歩いて来た本山小屋〜草履塚〜切合小屋〜種蒔山の稜線。

Qp6230281

名残惜しいけどそろそろ帰りましょう。

 

チングルマ畑

Qp6230287

ハクサンイチゲ畑

Qp6230288

草履塚まで一気に行こう!

Qp6230291

マメ〜とヒナウスユキソウのコンボ

Qp6230292

 

ミヤマハンショウヅルは透過光で見ると紫色が美しい。

Qp6230298

 

草履塚の登り返しが地味〜にキツイ!

Qp6230311

 

コバイケイソウ&ミヤマキンポウゲロード

Qp6230312

マメ〜ことオヤマノエンドウ&大日岳

Qp6230314

 

ハクサンチドリの状態もとてもいい!

Qp6230324

 

草履塚からの雪渓くだりは滑れそうなのに滑らない、かつ滑らなそうなのに滑る不思議な雪質です。

Qp6230329

種蒔山へ向かう雪渓上から飯豊本山を振り返る。

Qp6230337

最後の雪渓を前にちょっと補給。正面のピークが地蔵岳だけどまだまだ遠いなぁ。

Qp6230340

 

アカモノの群れ

Qp6230347

 

姫三姉妹

Qp6230356

 

ノウゴウイチゴ補給

Qp6230359

 

15:05 地蔵岳 飯豊本山と草履塚に別れを告げる。ありがとね〜

Qp6230361

あとはひたすらストイックに下山。

 

16:20 無事下山しました。

Qp6230366

いや〜長丁場でした。

正直ヒメサユリ目当てで来たけど、ヒメサユリ以外の花も盛りだくさんのてんこ盛りで度肝を抜かれました。

やっぱ花の名山だな〜

 

車の移動に6時間、登山工程は往復12時間だけど、その労力に十分値する価値ある山歩きができたと思います。

うんうん、充分モトとったね。

一つ残念だったのが天気が高曇りだったこと。

涼しいのは大歓迎だけど、青空の時にもう一度見て見たい風景でした。

よし!来年も来よう!

|

« 飯豊のヒメサユリ(その1) | トップページ | 飯豊のイワナ »

遠足大作戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飯豊のヒメサユリ(その1) | トップページ | 飯豊のイワナ »