« 王滝春の陣 2018 | トップページ | ツクモグサを見に八ヶ岳 »

2018年5月26日 (土)

雷鳥と舞姫に会いに常念岳

舞姫と雷鳥に会いに北アルプスの常念岳(標高2857m)へ。

Qp5260233

梅雨入り前に残雪の北アルプスの絶景を見ておきたい!

というわけで常念に行きましょう。

今日は一ノ沢ルートから。

 

冷沢小屋手前のPを5:20出発!

Qp5260001

Pから前常念岳がバッチリ見えてテンションアゲアゲ!

舗装路を15分ほど歩いてヒエ平登山口(標高1320m)。

Qp5260008

山ノ神に本日の安全を祈ります。

Qp5260010

古池。水が透明過ぎて見えないけど、これでも一面水が流れてるんですよ。

Qp5260018

この付近はツバメオモトの花がちょうど見頃でした。

Qp5260020

キバナノコマノツメも咲きはじめました。

Qp5260026

他にもオドリコソウ、ズダヤクシュ、ラショウモンカズラ、タチカメバソウなんかがいっぱい咲いてていました。

 

イワナの気配がプンプンする一ノ沢。

Qp5260031

登山道はず〜っと一ノ沢に沿いにつけてあります。

沢道は序盤ゆるくて後半きついんだよね〜

 

一ノ沢のゴーゴーと流れる音をBGMに、雨が降ると川になるような登山道を黙々と登ります。

Qp5260036

 

烏帽子沢を渡るところではハッとするようなショッキングピンク!

ここだけ何故かイワカガミが群生していました。

Qp5260039

ひっそりと咲くミネザクラ

Qp5260045

ヒメイチゲも元気一杯。

Qp5260048

キバナノ?と思ったら葉っぱが違う。オオバキスミレですね。

Qp5260052

黙々と樹林帯を歩くこと2時間ちょい、ようやく笠原という開けた場所に出ました。

Qp5260058

ここでルートを再確認。

正面のピークが常念岳、右側の鞍部が常念乗越。

一ノ沢を常念乗越まで詰めてから常念に登るのです。

 

雪渓入口では幸せの青い鳥が美声を披露してくれました。

Qp5260060

雪渓は楽チン。

Qp5260064

と余裕をぶっこいていたら、激坂に!

Qp5260072

ヒーヒー言いながら登りました。

Qp5260074

ふー、やっと雪渓の終わりが見えた!

Qp5260079

振り返ると結構な斜度ですね。

Qp5260081

出発から4時間、常念がようやく射程圏に!

Qp5260083

 

その前に、常念乗越に乗ると・・・・

槍ヶ岳がドーン!

Qp5260085

絶景だね〜、舞姫さんもご健在のご様子。

Qp5260092

さて、一休みしたら常念に登ろう!

Qp5260102

見た目ではすぐに登れそうな気がしますが、これでも標高差が400mもあってなかなか頂上に辿り着けません。

 

時々雷鳥さんの鳴き声が聞こえるのでキョロキョロしながら登っていたら、ハイマツの中から岩の上に出てきてくれました。

Qp5260116

眉毛が立派な村山さんチックな雷鳥さんですね^^

Qp5260145

20分ほど雷鳥さんを観察していたけど、彼は逃げずにずっ〜と岩の上にいてくれました。

人間を怖がらないのはどんなメカニズムなのでしょうか?

 

十分休ませてもらったので、ぼちぼち山頂へ向かいましょう。 

 

常念岳山頂\(^o^)/

Qp5260175

やっと着いたよ〜

出発から6時間もかかったよ〜

今日は久しぶりにフルシャンク(底の硬いやつ)の冬靴を履いたので非常に疲れました。

でも山頂からの景色を見れば疲れなんて吹っ飛びます。

360度絶景だもんね〜

 

北側は横通岳と大天井岳、奥には餓鬼岳、白馬岳、鹿島槍、燕岳、針ノ木岳、劒岳、立山、野口五郎岳がズラ〜っと!

Qp5260184

西側は水晶岳、鷲羽岳、槍ヶ岳。

Qp5260185

穂高、上高地、焼岳、乗鞍岳、御嶽山

Qp5260190

南側は蝶ヶ岳。

Qp5260196

舞姫とツーショット^^

Qp5260194

山頂からの絶景を十分楽しむことができたのでそろそろ下山しましょう。

 

帰りも雷鳥いるかな?

いたー

Qp5260211

あっ、今度はメスを連れてきてる!

Qp5260214

やるな〜村山君!

Qp5260222

Qp5260229

Qp5260232

帰りも20分ほど鑑賞会。

さて、ボチボチ帰ろう。

常念小屋がはるか下方に見えるくらい高度差があります。

Qp5260248

下りですが、ガレてて中々素早く降りることができません。

Qp5260250

お昼過ぎたらだんだん天気が良くなって来ました。

Qp5260251

常念乗越からの絶景を目に焼きつけておきましょう。

Qp5260254

さらば常念岳!

Qp5260262

ジェットコースターのような雪渓くだり。

Qp5260264

Qp5260269

雪渓終了〜

Qp5260270

ここからは川の流れのようにぃ〜

Qp5260272

出発から丁度10時間無事戻ってくることができました。

Qp5260275

北アの絶景に雷鳥との遭遇。

今日も山ノ神に感謝です。

|

« 王滝春の陣 2018 | トップページ | ツクモグサを見に八ヶ岳 »

遠足大作戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 王滝春の陣 2018 | トップページ | ツクモグサを見に八ヶ岳 »