« 氷の回廊 スッカン沢の滝めぐり | トップページ | スイセンライド 〜爪木崎水仙まつり〜 »

2018年1月 8日 (月)

栃木で淡水魚観察 〜なかがわ水遊園〜

せっかく栃木まで来たので、栃木が誇る隠れた名水族館へ。

Qp1080271

昨日雪山を楽しんだ後は那須塩原の温泉で一泊。

お肌ツルツルになった翌日は近くの水族館へ。

 

向かった先はサカナマニアの間で評判の良い、なかがわ水遊園。

Qp1080210

立派な施設の割に入場料は¥600と非常にリーズナブル。

早速入ってみよう!

 

入ってすぐにニッコウイワナ、ヤマメ、ニジマス混泳のマス水槽が出迎えてくれた。

Qp1080213

展示の仕方が非常にオシャレです。

サカナだけを見せるのではなく、水景の一部を切り取ってきたかのようなレイアウトは非常に好感が持てる。

一般的に水族館はサカナの生息環境に適合させるために暗くしているところが多いのですが、ここは浅瀬にいる淡水魚メインなので館内や水槽が明るくて非常に美しい。

 

ただ渓流魚の育成は難しいようでニッコウイワナさんなんか養殖放流魚と同様、ヒレが丸まっちゃっている。

Qp1080225

サカナだけを見ればやっぱり山奥で釣り上げたサカナの方がヒレピンで美しい。

この美しさはやっぱり生命力の強さから来ているんだろうなぁ。

 

ここの水族館ではサカナ単体の鑑賞ではなく、凝ったレイアウトの水景を楽しむのが正解!

 

ウグイ水槽もこれぞ日本の里川って感じのレイアウトで非常に美しい。

Qp1080229

 

ここは日本産淡水魚メインですが、日本にいるとはいえ野生では滅多に見られない貴重な魚も展示されています。

 

まずはアユカケ。うちの近所の狩野川にもいるはずなんですが見たことありません。

Qp1080236

そしてカワアナゴ。これも近所にいるはずですが見たことない!

Qp1080242

てゆ〜か、二人とも立っているのは何故なのさ。

 

ウナギさん。

Qp1080244

昔はよく南伊豆の青野川の河口で黒鯛の外道としてたくさん釣れたけど、今でも釣れるのだろうか・・・

 

イトヨさんは水草の根を集めて巣作りに精を出す働き者。

Qp1080266

隣のヌマチチブさんは何もせずウロチョロするだけ。非常に好感が持てる^^

Qp1080279

アカメ

Qp1080280

スッポン大先生

Qp1080282

他にも日本に生息している淡水魚がいっぱい展示されていてとても面白かったです。

 

日本淡水魚コーナーが終わると、おそらくこの水族館が売りにしているピラルク水槽。

ピラルクでた〜

Qp1080287

大きくて迫力満点!

 

アマゾン水槽を一通り鑑賞して終了〜

Qp1080289

海水魚やアマゾンもいいけど、やっぱりここは日本の美しい水景を鑑賞できるのが特色ですね。

またこっち方面に来る時には覗いてみたくなる水族館でした。

|

« 氷の回廊 スッカン沢の滝めぐり | トップページ | スイセンライド 〜爪木崎水仙まつり〜 »

7.お魚大作戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 氷の回廊 スッカン沢の滝めぐり | トップページ | スイセンライド 〜爪木崎水仙まつり〜 »