« 伊豆の氷瀑ライド | トップページ | 栃木で淡水魚観察 〜なかがわ水遊園〜 »

2018年1月 7日 (日)

氷の回廊 スッカン沢の滝めぐり

那須塩原の秘境「スッカン沢」の滝めぐりに行ってきました。

Qp1070138

スッカン沢は栃木県の那須塩原市、日本三百名山の高原山の北東麓にあって、那珂川の支流の箒川のそのまた支流の鹿股川の最上流部に位置します。

出発地点となる標高1000mの 「八方ヶ原」へは東北自動車道の矢板ICを出て1時間弱。

 

AM7:00到着! 風がめちゃくちゃ強い!

あまりに風が強いので1時間ほど車の中でモジモジしてました。

風は収まらないけど、意を決して8時過ぎに出発!

 
8:05 八方ヶ原「山の駅たかはら」

Qp1070001

 

意外に雪フカフカだったので、出発地点からスノーシュー装着です。

Qp1070004

トレースは明瞭。先行者はツボ足の1名のみ。

Qp1070005

今日のコース取りは峠出発で谷を降って行くので序盤は降り基調で楽チン楽チン。

30分ほど下ると左下に桜沢が見えてくる。

Qp1070012

雷霆の滝(らいていのたき)〜

Qp1070019

桜沢の右岸からは小さな沢がたくさん流れ込んでくる。

Qp1070035

雷霆の吊橋を渡って左岸へ。

Qp1070040

途中スッカン沢のメインディッシュとなる雄飛滝への分岐があるが、お楽しみは後にとっておいて、まずは一番下流側に位置する咆哮霹靂の滝を目指す。

ほうこうへきれきの滝〜

Qp1070047

見えずらいけど正面の水がいく筋も流れている滝が「霹靂の滝」で右端の完全氷結している滝が「咆哮の滝」というらしい。

それにしても「咆哮霹靂の滝」ってなんてカッコイイ名前なんでしょう。

 

さて、桜沢沿いにくだってきましたが、ここからはスッカン沢を上流に遡上します。

お昼に良さそうな場所があったのでスッカン沢を渡渉して対岸の氷柱ポイントへ。

Qp1070072

近くで見上げると氷柱が見事です。 

ここで記念撮影〜失敗

Qp1070069

 

スッカン沢と氷柱。

Qp1070083

さてここからいよいよメインディシュとなる雄飛の滝へ。

 

一度高巻きしてスッカン橋のかかるスッカン沢へ降りて行く。

Qp1070093

柱状節理が見事!

Qp1070112

薙刀岩というらしいがすごい迫力です。

Qp1070114

スッカン橋の上から上流の雄飛の滝方面を眺める。

Qp1070118

スッカン沢は硫黄成分のせいか水が青色に見えます。

Qp1070125

スッカンブルーというらしい。

僕は連休明けブルー。

 

雄飛の滝\(^o^)/

Qp1070131

氷柱が立派に成長していて大迫力^^

Qp1070133

怒涛の景色が圧巻過ぎて言葉が出ない。

Qp1070134

僕の他に誰もいないので、この絶景を独り占め!

Qp1070141

自然が創り出す芸術。

Qp1070152

今日は12mmレンズしか持ってきてないので画が単調ですがご容赦を!

Qp1070154

育成中!

Qp1070157

 

展望台の上からも絶景!

Qp1070165

 

絶景の雄飛の滝をあとに、仁三郎さんが見つけたというの仁三郎の滝へ。

Qp1070169

そして最後はソ連の滝。

Qp1070175

滝めぐりはこれで終了。

あ〜面白かった。

 

マシュマロ渓谷。

Qp1070181

帰りは閉鎖されている県道歩き。

Qp1070188

テクテク、テクテク。思った以上に雪が積もってて体力を消耗する。

Qp1070194

歩き始めたら後ろから3台のスノーモビルが追い越して行った。

10人ほど乗っていたけど全員銃を持っていたのでこれから猟に行くみたい。

Qp1070195

しばらくするとダーン・・・ダーンと2発の銃声。

 

この先を降りたところに幻の滝があるらしいのですが、撃たれそうで怖いので断念。

Qp1070196

長〜い、長〜い県道歩きもようやく終点が見えてきた!

Qp1070202

県道歩き終了〜1時間30分もかかったよ。

Qp1070205

 

結局最初から最後までスノーシュー履きっぱなしでした。

Qp1070206

今日一日お世話になりました。

|

« 伊豆の氷瀑ライド | トップページ | 栃木で淡水魚観察 〜なかがわ水遊園〜 »

4.遠足大作戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊豆の氷瀑ライド | トップページ | 栃木で淡水魚観察 〜なかがわ水遊園〜 »