« ニリンソウライド | トップページ | GW木曽遠征(2日目) »

2017年5月 2日 (火)

GW木曽遠征(初日)

ヤマトイワナが釣りたくて一泊二日で木曽遠征です。

Qdsc01108

自宅から高速飛ばして3時間半。

現場にはAM6:00に到着。

目星をつけていたホワイトリバー沿いの車止めゲートに着くと浜松ナンバーの先行車が1台。

彼らはゲートのすぐ近くから入渓するとのことなので、僕は林道で峠を越えた先にある別の川に入渓することにしました。

気温はマイナス1度。

寒い!

 

ON嶽山を眺めながら残雪がちらほら残る林道をテクテク歩くと体が温まってきました。

Qdsc00970

 

林道沿いには美味しそうなふきのとうがたくさん落ちています。

帰りに拾っていこう♪

Qdsc00972

 

雪解けを待っていたかとばかりにフレッシュなショウジョウバカマもたくさん♪

Qdsc00973

 

30分ほど歩くと標高1420m付近の峠に到着。

御嶽山の絶景が素晴らしい♪

Qdsc00982

車止めゲートから1時間30分、ようやく入渓地点に到着しました。

Qdsc00986

AM8:00入渓。

渡渉するため膝まで水に浸かったらウェダーを通じてもその冷たさが足に伝わってきました。

手を水に浸けたらめちゃくちゃ冷たい!

こんな冷たさで果たしてイワナちゃんはルアーを追ってくれるのかと心配になるほどの冷たさです。

 

案の定、数投しても何の反応もありません。

魚がいればルアーを追ってくる姿が確認できるはずですが、チェイスも全くありません。

 

活性が上がるのは気温が高くなるお昼頃と読んでいるので、のんびりと釣り上りました。

渓流沿いのお花を観察しながら時間稼ぎ。

バイカオウレンかな?

Qdsc00991

入渓から1時間、全く反応なし(困)。

Qdsc00995

水流の遅いポイントだけを丹念に攻めながら釣り上がりました。

広くて水深の浅いポイントにルアーをゆっくり通したら、ようやく生命反応が伝わってきた。

 

待望の今シーズン初イワナゲット! 嬉しい〜

Qdsc01000

1匹釣れてホッとしました。

 

こちらでは今頃ネコヤナギが咲いている。

Qdsc01008

ネコヤナギとくればウナギイヌが欲しいところですが、釣れたのはイワナちゃん。

Qdsc01010

気温が上がってきて、だんだんイワナちゃんの活性も高くなってきました。

Qdsc01019

 

オレンジの美しい生粋のヤマトイワナちゃんゲット。

Qdsc01028

 

水が綺麗すぎてちょっと見どこが水面なのかわからなくなります。

Qdsc01034

 

これだけ水がきれいだと、イワナも隠れるところがなくて住みにくくないのかなぁ。

Qdsc01035

 

これぞヤマトイワナ!というほどきれいな魚体。

Qdsc01045

 

あっ、ウナギイヌ見つけた!

Qdsc01064

尻尾がかわいいね。

Qdsc01071

 

そろそろ退渓ポイントかな〜というところでガツンと大物の手応え!

これまで釣れた10数匹のイワナはどれも6〜7寸のチビばかりでしたが、コイツは明らかにそれよりも大きい。

もしかして尺クラスかも!

 

うねうねと大暴れする獲物を無事ネットイン!

Qdsc01087

やったー!ガッツポーズ!

顔つきがいかにも尺イワナだね。

 

尺イワナを観察するためネットから魚体を出して見たけど何か変?

なんじゃこりゃ〜

Qdsc01080

普通この頭のサイズだったら余裕で尺オーバーのはずですが、この子は尺どころか8寸ちょっとしかない。

そして尋常じゃない頭とお腹の太さ!

Qdsc01088

こんな山奥で一体何を食ったらこんなおデブに育つんでしょう?

痩せこけたイワナ達の中で1匹だけ貫禄があって北の将軍様みたい。

 

北の将軍様イワナを最後に退渓しました。

Qdsc01100

 

本日の収穫♪

Qdsc01113

退渓ポイントから1時間半。無事ゲートまで戻ってくることができました。

Qdsc01116

あぁ、やっぱり木曽の渓流はよかったなぁ。

明日も釣ろう!

 

本日は秘湯濁河温泉に宿泊です。

Qdsc01118

あぁ極楽、極楽!

|

« ニリンソウライド | トップページ | GW木曽遠征(2日目) »

お魚大作戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニリンソウライド | トップページ | GW木曽遠征(2日目) »