« ぼけ〜っと大作戦 | トップページ | 初スキー »

2015年12月28日 (月)

でっかい富士山を眺めに宝永山

冬は強風が吹き荒れてなかなか近寄れない宝永山。

今日は西高東低が緩む気圧配置なのでチャンス到来。

早速出かけてきました。

Qpc281836

朝の水ケ塚公園。富士山がとてつもなくでっかい!

Qpc281817

気温はマイナス8度。雪はほとんどなし。

Qpc281820

文句無しの青空が気持ちいい。

Qpc281821

標高2000m付近から積雪。

Qpc281825

後方を振り返ると知らない間に雲海ができていました。ラッキー!

Qpc281827

森林限界突破!

Qpc281838

狙いとおり風は穏やか。これなら行けそうです。

Qpc281841

本日のターゲット=宝永山。

Qpc281843

このでっかい噴火口を横切って登ります。積雪直後は雪崩の危険がありますが、今日は雪がほとんどないので大丈夫。

Qpc281844

しばし雲海に見惚れる。

Qpc281849

さて、噴火口に突撃しましょう。

Qpc281851

噴火口から雲海を眺める。

Qpc281858

噴火口はひっきりなしに落石しているので近寄ると危険です。

Qpc281862

宝永山への登り返し。あと少しだ!

Qpc281864

ところが、馬の背が近づくにつれ、風が強くなり始めました。

暴風が来るたびに姿勢を低くして風をやり過ごすこと数十回。

ようやく、馬の背に乗ることができましたが、ものすごい暴風でとても歩くことができない。

おそらく風速30m以上は優にあるだろう。

 

宝永山山頂まで馬の背を歩いてあと数mですが、その数mを歩くことができない。

生命の危険を感じたので宝永山を諦め、馬の背を乗り越えて反対側に降りました。

 

馬の背を乗り越えたところ、嘘のように風がない。

Qpc281865

あの雪庇の向う側に宝永山があります。

Qpc281866

馬の背の向う側とこちら側とで天国と地獄ほどの違いです。

すり鉢状の火口が暴風を生み出しているんでしょうね。

Qpc281870

雲海に向かって下山。

Qpc281874

雪はほとんど吹き飛ばされています。

Qpc281876

いい空だ!

Qpc281879

雪の花

Qpc281891

雲海に突入。視界は30m。富士山は広すぎて目印がないので、コンパスの方位を頼りに歩きます。

Qpc281898

狙い通り双子山の麓にどんぴしゃりで出ました。

Qpc281901

海が輝いている。

Qpc281903

馬の背の暴風が嘘だったかのように樹林帯は平和で穏やかです。

Qpc281905

鹿の甲高い鳴き声がたまに聞こえるくらいで、音がほとんどしない。

Qpc281906

無事戻ってきました。

Qpc281910

それにしても、暴風の宝永山は恐ろしい。

人間ごときが近づいちゃいけない領域なんでしょうね。

|

« ぼけ〜っと大作戦 | トップページ | 初スキー »

4.遠足大作戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぼけ〜っと大作戦 | トップページ | 初スキー »