« たどりつくといつもそこには川が横たわっているライド | トップページ | 心に涼風そよぎ出すライド »

2015年8月29日 (土)

駿河の貴婦人探索大作戦

駿河の「貴婦人」と呼ばれる貴重なお花を探しにスキンヘッドマウンテンへ

Qp8290978

目的のお花はユリ科ホトトギス属の多年草。

沢沿いの崖に高貴な釣鐘型の黄色い花を付けるという。

「駿河の」というとおり、富士宮市のごく一部にしか生息しておらず、絶滅危惧種IB類(EN) ー近い将来における野生での絶滅の危険性の高い種ー に指定されています。

 

そんな貴重で高貴な「貴婦人」を探すためスキンヘッドマウンテンの麓にやってきました。

 

ここはその昔、ルイガノカップとかのMTBレースで何度も来たことがあります。

MTBコースのラダーの残骸(泣)

Qp8290895

作ったはいいが、まったく使われていないんでしょうね。

あぁ、もったいない。

 

探索前にちょっと腹ごしらえ

Qp8290897

 

これはハナトラノオかな? 帰化植物らしいです。

Qp8290898

 

山に入るとさっそく貴婦人と同じホトトギス属のお花が登場。

Qp8291019

これはヤマホトトギスですね。

この紫の点々が、ホトトギス(鳥)の胸の模様に似ていることが名前の由来だそうです。

 

さてお目当ての貴婦人を探しに沢を遡上。

Qp8290902

この手の探索物は下調べが難しい。

今の時代、インターネットで検索すれば多くの情報が簡単に手に入りますが、調べすぎちゃうと探す楽しみが無くなってしまいます。

かといってあまりにも当てずっぽうで行くと見つからない確率が高くなるので、その加減がむつかしいのです。

今回は「スキンヘッドマウンテンの沢沿いのどこか」くらいまで調べました^^

 

キョロキョロしながら沢を遡上。

Qp8290907

沢沿いは涼しくて快適です。

Qp8290914

んっ! なんかある!

 

下の写真の右上に黄色いお花を発見!

Qp8290920

崖の上なので遠くてよく確認できませんが、どうやら本命みたいです。

思ったより簡単に発見することができました。

 

崖をよじ登って近くまで行こうとしたら、別の個体を発見!

Qp8290922

つぼみだけど、間近で見られて感激です〜。

Qp8290936

ぜんぶつぼみだ。

時期的に1〜2週間早かったかも・・・

Qp8290944

さらに上流に向かうと・・・ 今度は開いているお花を発見!

Qp8290954

真下から失礼しますね。

Qp8290958

内側にホトトギス模様があるんですね〜

花びらの先っちょにはトゲもあります。

 

この株はつぼみがいっぱい付いているので満開になったら見応えありそうです。

Qp8290968

大きさはこれくらい。思ったより大きいです。

Qp8290971

貴婦人の足元にはモミジガサがひっそりと咲いている。

Qp8290975

さきほどのヤマホトトギスと同属とは思えませんが、

Qp8290977

内側の花の作りは一緒なんですね。上下逆だけど。

Qp8290979

想像よりもたくさん咲いてて嬉しい限りです。

Qp8290981

貴婦人はこんな岩壁がお好きみたい。

Qp8290985

高嶺の花とはよく言ったもんだ。

Qp8290987

ここはお花好きには結構知られたスポットみたいなので他にも同業者がいるかなぁなんて思っていたけど、最後まで貸切で観察することができました。

Qp8290991

残念だったのは天気悪くて薄暗かったこと。

Qp8290999

せっかくの貴婦人がブレブレ写真ばっかりでした(号泣)

Qp8291002

 

いつまでもひっそりと咲いていてほしいなぁ〜

Qp8291007

さて、ボチボチ帰りましょう。

Qp8291016

山頂まで登って富士山を眺めるのも一興ですが、ガスで展望は期待できないし、雨が降利出すのも時間の問題なので、まっすぐに下山することにしました。

 

林道まで下ったら、宇宙人に遭遇。

Qp8291025

雨の草原ではトラックがひっきりなしに大きな箱をたくさん積み出していました。

Qp8291026

先週の長渕さんのイベントの後片付けかな?

だとすると、運んでいた四角い箱は、ナガブチファン10万人分のUNKなの〜?

|

« たどりつくといつもそこには川が横たわっているライド | トップページ | 心に涼風そよぎ出すライド »

4.遠足大作戦」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

スキンヘッズマウンテンはいつかリベンジしなくてはなりませんねえ。

MTBコース・・・・残骸状態になってしまっているのですね。
そもそもSawyerじゃ走れなかっただろうしなあ・
そういえば松崎の山伏トレイルツアーに行ってみようと思いつつ・・・
今の車ではSawyerどころかRFX8も運ぶことができません(爆)

投稿: なるかみづき | 2015年8月30日 (日) 19時37分

>なるかみづきさん
こんばんは〜
ラダーは腐ってたけど、トレイルは残っていたので普通に走れそうでしたよ。
以前、リヤキャリアにMTB積んで王滝に来ていたボクスターを見たことがあります。
なかなかカッコよかったので、なるかみづきさんも是非!

投稿: codile | 2015年8月30日 (日) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たどりつくといつもそこには川が横たわっているライド | トップページ | 心に涼風そよぎ出すライド »