« 裏銀ブラ大作戦(初日) | トップページ | 裏銀ブラ大作戦(三日目) »

2015年8月 1日 (土)

裏銀ブラ大作戦(二日目)

裏銀ブラ大作戦二日目です。初日の模様はこちらからどうぞ。

Qp8010504

おはようございます。今日もいい天気^^

Qp8010429

日の出を眺めた後、テントを撤収して出発です。

雲海が素晴らしい♪

Qp8010437

まずは昨日テントからず〜っと眺めていた三ツ岳に登ります。

Qp8010439

登っている自分の影に声援を送る。

Qp8010445

この辺もコマクサがいっぱいでした^^

Qp8010447

8割がた登ったところで槍ヶ岳が突然姿を現した。素晴らしい!

Qp8010453

後方を振り返ると・・・

立山・剱、白馬三山〜鹿島槍、そして針ノ木岳。素晴らしい!

Qp8010464

表銀座の稜線の向こう側には富士山、甲斐駒、北岳も!

Qp8010466

イワヒバリさんが遊びに来てくれました。

Qp8010469

そして・・・

僕の街で〜もう一度だけ〜熱いコーヒー飲みませんか〜♪

の鼻歌も飛び出す「野口五郎岳」登場。

Qp8010474

右手には緑と黒と白のコントラストが美しい水晶岳。

Qp8010476

この景色を眺めながら、キューバ産のクリスタルマウンテン珈琲を飲む計画でしたが、残念ながら豆の入手が間に合わず。

 

左手の雲海の上から頭を出しているのは浅間山ですね。

Qp8010477

野口五郎岳付近はゴローの名の通り、大きい岩がゴーロゴロ。

Qp8010479

野口五郎小屋に到着。作りが烏帽子小屋と同じだ。

Qp8010482

野口五郎岳山頂まであと少し。

Qp8010485

登頂\(@^0^@)/

Qp8010494

ここは北アルプスのど真ん中なので見渡す限り山・山・山です。

北側は立山・剱、白馬三山。

Qp8010496

南側は槍ヶ岳、乗鞍、御嶽山、笠ヶ岳に鷲羽岳。

Qp8010497

そして右手には水晶岳。

Qp8010498

左手には表銀座の大天井、常念岳。

Qp8010503

本当に山深いところです。

さて野口五郎岳を過ぎたら裏銀座縦走路から外れて湯俣方面の竹村新道を下ります。

Qp8010505

ここも鷲羽岳の眺めが素晴らしい。

Qp8010507

クルマユリ、コバイケイソウ、ハクサンフウロ、トリカブトのお花畑

Qp8010510

ハクサンフウロがサテンのような光沢でピッカピカでした。

Qp8010511

こちらはハクサンイチゲとシナノキンバイのお花畑。

Qp8010516

南真砂岳への登り返しが地味にきついです^^;

Qp8010518

鷲羽の絶景もここで見納めです。

Qp8010520

メチャクチャ暑い猛暑の中、竹村新道をズンズン下って、ようやくゴールが見えてきた。

Qp8010528

降りるにしたがって硫黄の匂いがプンプンしてきた。

水色が清々しい。

Qp8010530

湯俣温泉に到着〜

早速テント受付をして今日のお宿を設営。

Qp8010532

ナニワトモアレ温泉に行こう!

Qp8010535

なかなかエキサイティングな吊橋です^^;

水俣川の吊橋はもっとw(°o° )w

Qp8010536

湯俣川を遡上。

Qp8010537

河原のいたるところから温泉が湧いています。

上の白いのが硫黄成分で白くなった川で、下の黒い部分がグツグツ煮えたぎった温泉です。

Qp8010539

おっぱい噴湯丘 きた〜

Qp8010544

高さは2mくらいかな?

温泉成分が積み上がって、見事なおっぱい噴湯丘を形成している。

 

さてそろそろ温泉に入ろう。

川の水と混ざってちょうどいい湯加減の天然の湯船を発見!

Qp8010561

最高です〜

Qp8010554

暗くなる直前まで貸切の野湯を満喫しました^^

Qp8010564

あ〜、今日も1日楽しかった〜

三日目に続きます・・・

|

« 裏銀ブラ大作戦(初日) | トップページ | 裏銀ブラ大作戦(三日目) »

4.遠足大作戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 裏銀ブラ大作戦(初日) | トップページ | 裏銀ブラ大作戦(三日目) »