« 避暑山行(初日) | トップページ | ヤマユリライド »

2015年7月20日 (月)

避暑山行(二日目)

避暑山行二日目です。

Qp7200068

二日目の朝も、やっぱり雨と風と霧。

急ぐ理由はまったくないので、のんびりとコーヒーを淹れる。

Qp7200028

今日の豆はキリマンジャロ。

「キリマ」は山、「ンジャロ」は輝くという意味で、「白く輝く山」という意味らしい。

白い雪渓の頂上で飲むのに、これほど適した珈琲はあるまい。

 

苦味のほとんどない酸味の強いキリマンジャロを味わっていたら、外が明るくなってきた。

テントの外に首を出してみると・・・

Qp7200037

晴れたヽ(^ω^)ノ

 

みんな続々とお山に登っていく。

Qp7200040

僕もすぐさま出発しました!

Qp7200041

チングルマがいい感じ♪

Qp7200042

シナノキンバイのお花畑も出てきた!

Qp7200043

そして先ほどまで降っていた雨の雫をためたショウジョウバカマがピカピカに輝いている。

Qp7200046

上の方も晴れてきたよ!

Qp7200048

そして、ド〜ンと薬師岳登場! この不意打ちの演出が素晴らしすぎる。

Qp7200053

これから種池まで縦走するという赤い方と晴れの喜びを分かち合いながら山頂を目指す。

Qp7200056

雨に輝くミヤマクワガタが宝石みたいだ!

Qp7200057

そして山頂到着〜

Qp7200061

そして、見たかったその向こう側の景色。

黒部湖が見えた〜

Qp7200065

正面に左上に見える五色ヶ原を眺めながら、あそこでテント泊したらどんなに素晴らしいだろうと妄想が広がる。

立山・劔は残念ながら雲がかかっていて完全な姿を見ることができませんでしたが、昨日のガス地獄を思うと天国のような景色です。

山頂では微妙にブロッケン現象が出そうな雰囲気だったので、しばらくブロッケン遊びを試みる。

一番がんばったのがトップの写真ですが、ちと微妙ですね。

 

スバリ岳方面。

当初計画では僕もここを通って種池まで縦走予定でしたが、テント張りっぱなしにしちゃったので今日はピストンで戻ります。

Qp7200071

それまで、山頂でしばしお花鑑賞タイム!

ガスが出ている時にはタカネシオガマのようなビビッドな色がよく映える。

Qp7200076

いつ見ても不思議な形のミヤマオダマキ

Qp7200081

イブキジャコウソウってこう見えてハーブのタイムの仲間なんだってさ。

Qp7200083

雨露に光り輝くタカネヤハズハハコも存在感抜群ですね。

Qp7200088

下山し始めたらスバリ岳の向こう側に劔岳が姿を現した。

Qp7200094

もうちょっと山頂で粘れば良かったかな〜

Qp7200100

チンさんも絶好調!

Qp7200104

テント場が見えてきた。

Qp7200108

テントについてからも、しばし絶景鑑賞タイム。

まずは、八ヶ岳、甲斐駒を太刀持ち露払いにしたがえた横綱=富士山!

Qp7200109

そして槍ヶ岳〜

Qp7200110

この景色を眺めながら、もういっぱいキリマンジャロ!

Qp7200113

十分景色を楽しんだのでぼちぼち帰りましょう。

Qp7200117

鯉のぼりマーカーは誰のアイデアなんだろう?

Qp7200118

やっぱり雪渓には青空がよく似合う。

Qp7200120

下山はあっと言う間だね。

 

ここまで来て重大な忘れ物をしたことに気がついた。

あっ! 蓮華岳に登ってコマクサ見にいくの忘れた!!!

Qp7200123

針ノ木岳で満足してしまって蓮華岳のことをすっかり忘れてしまいました。

またくればいいさ! 

ここまでくだって登り返す気力はないので、このままキヌガサさんに挨拶して下山しました。

Qp7200132

お天気に翻弄されたけど、二日目はなんとか絶景を見ることができてとっても満足な山行でした。

|

« 避暑山行(初日) | トップページ | ヤマユリライド »

4.遠足大作戦」カテゴリの記事

コメント

すばらし景色にみとれてしまいます
少しずつテリトリーを広げていつか訪れてみたいな!
そして、コーヒーセットが贅沢すぎる~~(笑)

投稿: maco | 2015年7月22日 (水) 07時48分

>macoさん
北アの中では地味な山域ですが、黒部湖越しの立山・劔がすばらしいのでmacoさんも是非!
銅製の珈琲器具は........
1kg以上重くなるのでオススメできません(笑)

投稿: codile | 2015年7月22日 (水) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 避暑山行(初日) | トップページ | ヤマユリライド »