« 王滝春の陣2015 | トップページ | ウルップ・ツクモ・温泉三昧の白馬三山(初日) »

2015年5月31日 (日)

甲斐駒んど〜

久しぶりの山歩きは、「甲斐駒を眺めながら、まったりと歩こう!」 大作戦です。

Qp5310228

通行止めゲートの突破はいつものごとく・・・

Qp5310134

今日はめずらしく、出発から1時間で 3匹のリスさんと遭遇。

何かいいことのある前触れかも。

 

「南アルプスのおいしい水」がただで落ちてくる滝。

Qp5310136

流れ落ちる水の裏側の岩壁には「ユキワリソウ」が咲いている。

Qp5310141

雪割草っていうとキンポウゲ科の「ミスミソウ」がメジャーですが、この健気なお花はサクラソウ科の「ユキワリソウ(Primula farinosa subsp. modesta)」。

 

滝に打たれながらのユキワリソウ鑑賞もオツなもの。

Qp5310145

長〜〜〜〜〜 い、ハシゴ

Qp5310150

朝日に輝くヤマツツジの鮮やかな朱色が眩しい。

Qp5310153

日本にもこんな素敵な場所があるんです!

Qp5310154

その空間を抜けると、そこは一面白い砂の世界。

Qp5310155

ここは「雁ヶ原」と呼ばれるとっても気持ちのいい山頂の砂浜。

Qp5310159

風化しやすい花崗岩が作り出す不思議な景色。

Qp5310161

とっても気持ちいいんだけど、残念なのは甲斐駒さんが雲の中から出て来ないこと。

Qp5310162

それでも、天気がとってもいいので、日向八丁尾根を歩こう!

 

標高1800m付近まで歩くと、僕を待っていたかのようにイワカガミの群生が出迎えてくれた。

Qp5310171

しばらく山に来ない間に季節はすっかり夏山

暑くてたまらん!

Qp5310177

 

ハッと気付けば、知らない間に甲斐駒さんが顔を出しているじゃないですか〜

Qp5310184

素晴らしい〜

駒岩付近の絶景ポイントで甲斐駒さんを眺めながらランチにしました。

 

駒岩付近のカラマツ美林

Qp5310186

駒薙ノ頭からの甲斐駒ケ岳

Qp5310192

大岩山

Qp5310197

この先、八丁尾根は正面右側に見える烏帽子岳まで伸びていますが、ここから烏帽子岳まで約2時間、甲斐駒山頂まではさらに1.5時間もかかります。

Qp5310200

あと3時間余裕があれば、今日は甲斐駒まで行けるのになぁ。

残念ながら折り返し設定時間の11時になってしまったので、ぼちぼち引き返しましょう。

Qp5310202

駒岩まで戻って、鞍掛山にちょっと寄り道。

Qp5310208

それにしても、甲斐駒、駒岩、駒薙ノ頭、鞍掛山とみんな馬に関係する名前ばかりなのはなぜだろう?

 

駒岩と鞍掛山の鞍部にある大岩には可憐な花が咲いていた。

Qp5310209

クモイコザクラ(Primula reinii var. kitadakensis )

Qp5310211

これもユキワリソウと同じサクラソウ属のお花。

南アルプスのおいしい水ですくすくと育ってます。

Qp5310215

 

クモイコザクラの咲く鞍部からはものすごい急坂!

ヒーヒー を登ってようやく鞍掛山山頂。

さらにその先の展望台まで脚を伸ばすと・・・・

 

再び甲斐駒の絶景です!

Qp5310225

素晴らしい!

 

左手には黒戸尾根の向こう側に鳳凰山地蔵岳のツノが良く見える。

Qp5310235

ここで今日3回目のランチでまったりと過ごしました。

Qp5310247

久しぶりの山歩きだったけど、やっぱ山はいいな〜

今度はどこへ行こうかな・・・

|

« 王滝春の陣2015 | トップページ | ウルップ・ツクモ・温泉三昧の白馬三山(初日) »

4.遠足大作戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 王滝春の陣2015 | トップページ | ウルップ・ツクモ・温泉三昧の白馬三山(初日) »