« めぐりめぐるロンド ライド | トップページ | 王滝の下見に御嶽山 »

2014年9月 6日 (土)

癒しをもとめに平ヶ岳

転がり落ちてしまう前にタマゴ石を見に行ってきました♪

P9060138

今日のターゲットは群馬・新潟・福島の県境にほど近い平ヶ岳(2141m)です。

ず~っと夢見ていたお山にやっと行くことができました。

平ヶ岳はすご~く山深く、山頂部に高層湿原を持つとてもさわやかな草原の山。

8月の長雨でイジイジしていた間、晴れたら行こうとず~っと構想を練っていたのです。

 

関越小出ICから枝折峠を超え、奥只見湖を通って平ヶ岳登山口へ。

 

さぁ出発!

P9060004

序盤はやせ尾根が続きます。歩いていて気持ちがいい。

P9060020

左手には尾瀬の盟主、燧ヶ岳が雄大な姿で登場。

P9060022

登山道はミヤマママコナが絶好調^^ 秋めいてきた登山道に薄紫色のアクセントがいい感じです。

P9060023

秋のはじまり

P9060026

天気よしっ!景色よしっ! なんですが、体調は最悪。

なんかすぐ息が上がって脚が前にでない。

寝不足なんですかね~。

ここで寝てくださいと言わんばかりのJの字の型の大きな松の樹があったので、そこで小一時間ほど仮眠しました。

 

zzzzzzzzzzzzz

 

 

ちょっと復活したので気を取り直して出発!

ガスも晴れてきました^^

P9060027

となりの尾根もベルベッドの山肌でいい感じだなぁ~

P9060034_3

お隣の鷹ノ巣山(1624m)にはキノコ型の岩がそびえ立っている。あれが鷹の巣かなぁ?

P9060036

出発から4時間ほどでようやく下台倉山(1604m)に到着。

ここもママコナ天国^^

P9060040_2

そして・・・

ジャーン 平ヶ岳さまが登場(左:平ヶ岳 右:池ノ岳)

P9060042

くぅ~、テンション揚がる~

でも、まだまだ遠いなぁ

 

下台倉山と台倉山の間は左側が開放的で燧ヶ岳がいい感じ♪

P9060043

ヤマアジサイ

P9060048

足元をよくみるとモウセンゴケがいっぱい。

P9060049

ず~っと待ち焦がれていた青い空

P9060051

燧いいね~ 右側にはコンモリとした日光白根山も見えてきた!

P9060054

平ヶ岳もだんだんと近づいてくる。

P9060056

台倉山から先はぬかるみが多くて木道がよく整備されています。

総延長1kmくらいはあるかも。

P9060057_2

ミヤマシシウドの咲く、白沢清水という水場で大休憩。

P9060061

すご~く小さな水たまりのような水場ですが、ペットボトルですくってありがたくいただく。

ゴクゴクゴク クぅ~、冷たくて最高!

今日は水4リットル持参ですが、ここまで消費した1.5リットル分を補給。

30分ほどまったりして、リフレッシュスタート。

 

秋の花々にあうことができました。

 

小さなツルリンドウ

P9060065

アキノキリンソウ

P9060066

オトギリソウ

P9060069

オヤマリンドウ

P9060072_2

ようやく池ノ岳の登りに差し掛かる。

P9060078

右手には奥只見湖!

P9060080

そして左手には本日のターゲット平ヶ岳。ドーンと存在感あるね~

P9060086

でもその前にこちら池ノ岳の登りを攻略しなくては・・・・

P9060082

今シーズン初紅葉^^

P9060088

ヒーヒー言いながらやっと池ノ岳を登り、その木道の先には・・・

P9060089

これこれ!これが見たかった!

P9060094

姫ノ池と呼ばれる池塘に平ヶ岳。癒されるな~

P9060091

それでは平ヶ岳に参りましょう

P9060095

湿原が広がる気持ちいい山頂部。

P9060100

出発から8時間、体調悪くてなんども途中で帰ろうと思ったけど・・・

やっと着いたよ!

 

平ヶ岳山頂(2141m) 舐めてたわけじゃないけどあんた凄すぎ!おみそれしました。

P9060104

でも、がんばって登ってきてこの景色。

最高です^^

 

燧ヶ岳~男体山~日光白根山

P9060105

至仏山~武尊山

P9060106

谷川岳~巻機山

P9060113

八海山~中ノ岳~越後駒ケ岳

P9060112

会津駒ケ岳

P9060109_2

夏も終わり湿原の花はほとんど終わった後だけど、イワショウブが少し残っていて癒されました。

P9060119

名残り惜しいけど、時間がおしているので池ノ岳にもどりましょう。

P9060120

おっと、その前にタマゴ石を見に少し寄り道しなくては・・・

 

タマゴ石に向かう水場付近では、お花が少し残っていてくれました。

ハクサンフウロ

P9060124

オニアザミ

P9060128

ミヤマトウキ

P9060130

ミヤマリンドウ

P9060132

そして・・・

 

タマゴ石きた~

P9060136

白鳳あたりが鉄砲うったら簡単に転がってしまいそうだから、ちゃんと乗っかっているうちに見ておかなくちゃね!

それにしても絶景だな~

がんばって登ってきた甲斐がありました。

 

池ノ岳に戻ったらテントがヒト張り。

P9060141

最後に平ヶ岳の姿を目にしっかりと焼き付けてから下山。

P9060143

順調に下山すれば明るいうちに戻れるはずですが、具合は最悪で途中で脚が止まってしまいました。

この状態でやせ尾根を下山するのは危険と判断して、台倉山でビバークを決意。

ツェルトにくるまって横になりました。

 

どれくらい寝ていたのか分かりませんが、目が覚めて見た景色はとても衝撃的でした。

ウロコ雲に透けて見えるおぼろ月。

その月明かりに照らされ、うっすらと浮かびあがる燧ヶ岳。

 

それは具合が悪いのを忘れさせるほどすばらしいものでした。

その景色を僕は一生忘れることはないでしょう。

 

 

時計を見たら寝ていたのはほんの1時間くらい。

体調も少し回復したみたいで体に力が入ります。

これなら動けそうだ。

 

雲の様子から雨の気配を感じたので、ビバークは止めて下山することにしました。

真っ暗な細尾根を慎重に下って20:00に無事下山。

 

 

下山後、1時間ほどしたら猛烈な雨になったので下山の判断をしてよかったな~って思います。

最後はドタバタしましたが非常に長い一日になりました。

|

« めぐりめぐるロンド ライド | トップページ | 王滝の下見に御嶽山 »

4.遠足大作戦」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

コースタイムが長い上に伊豆を未明に出ている(はず)ので睡眠不足も重なったのでしょうね。
まあ、無事に帰還されたということでお疲れ様でした。

投稿: なるかみづき | 2014年9月 8日 (月) 20時38分

>なるかみづきさん
こんばんは!
今回はいつもに増してヘロヘロになってしまいました。
一応21:00~24:00まで睡眠をとったんですが、歳ですかね~
同世代のキングカズが現役の間は死なない程度にがんばってみます^^

投稿: codile | 2014年9月 8日 (月) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« めぐりめぐるロンド ライド | トップページ | 王滝の下見に御嶽山 »