« 王滝秋の陣2014 | トップページ | なきうさぎ大作戦2014(その2) »

2014年9月21日 (日)

なきうさぎ大作戦2014(その1)

今年もナッキーに逢いに紅葉まっさかりの北海道に遠征してきました。

P9210239

20日の土曜日に旭川空港に降り、美瑛の白金温泉に一泊。

英気を十分に養い、十勝連峰の登山拠点「望岳台」からスタートです。

「望岳台」の名のとおり、十勝連峰が一望。正面に噴煙をあげる十勝岳(2077m)。

P9210001

そして左手には右から、美瑛岳(2052m)、美瑛富士(1888m)、そしてちょこんとだけオプタテシケ山(2013m)。

P9210003

でも本日の一番の目的はそれら立派なお山のピークハントではありません。

美瑛富士の裏側に隠れている石垣山(1822m)という地味なお山が、本日のメインターゲットなんです。

そう、石垣山はエゾナキウサギの棲息地でラブリーなナッキーがウジャウジャいるらしいんです。

というわけで、石垣山に向けて出発です。

 

この辺は十勝岳の噴火の影響でしょうか、植物が少ないです。

でもシラタマノキがいっぱい^^

P9210006

エゾオヤマノリンドウも葉っぱを凍らせながらもまだがんばっていました。

P9210012

火山らしく殺風景な登山道ですが、イタドリの黄葉がまぶしい。

P9210021

一時間ほど登ると雲ノ平分岐というところに到着。

後ろを振り返ると、望岳台がずいぶん下の方に見える。結構登ったな~

P9210025

ここで十勝岳方面と美瑛岳方面に分かれますが、僕は左手の美瑛岳方面へ。

P9210026

反対側の右手方面には富良野岳が朝日に輝いている。それにしてもいい天気だ!

P9210034

この辺はシラタマノキがシコタマある。

P9210038

これでシラタマゼンザイをつくったら一億人分くらい作れるに違いない。

これだけ沢山あると食べてみたくなるのが人情ってもんです。

というわけで少しかじってみました。

そのお味は・・・

 

思ったよりもみずみずしくてサクサクとした食感。

味は微妙に甘くてキシリトールの味だ!

思ったよりいける味でした^^

 

大雪山はすっかり雪山になっていました。

P9210039

ガンコウランもたくさんありました。

P9210042

この実も食べてみた。

サクサクとした触感で味はほとんどしない。

強いて言えば梨味かな~

 

他にもコケモモ(微妙にさくらんぼ味)や和製ブルーベリー(クロマメノキ)がいっぱいなっていたのでつまみ食いしながらの歩きになりました。

P9210046

P9210050

大地の裂け目のような20mくらいの深さの溝を超える。

P9210061

初夏だと雪で埋まっていて楽に渡れるそうですが、この時期は大変です。

ハシゴとロープがつけてありましたが、なかったら相当苦労しそうです。

P9210064

今日はテント泊装備なので大荷物20kg超です^^

P9210065

黄葉がいい感じ♪

P9210066

ナナカマドの紅葉トンネル♪

P9210069

ポンピ沢を渡渉。荷物が重たいのでリハーサルしてジャンプ距離を計測してから跳びました^^;

P9210070

後ろを振り返ると歩いてきた道がよく見える。あの割れ目を超えてきたんだな~

P9210076

ポンピ沢からの強烈な登りに心臓が悲鳴を上げる。

P9210077

ゆっくりゆっくりと登ってようやく美瑛岳分岐。

まっすぐ登ると美瑛岳、左は美瑛岳を巻いて美瑛富士方面への道。

P9210079

美瑛富士方面へと進む。

ふと気配を感じて後ろを振り返ると、ゼブラ模様の十勝岳さま姿を現した。とんがってるね!

P9210081

美瑛富士がずいぶん大きくなってきた。

P9210088

重装備に体力削られて苦戦中の僕をシマリスさんが高見の見物。

P9210090

草紅葉が見事!

P9210098

美瑛岳、とんがってます^^

P9210099

紅葉の正体はチングルマでした。

P9210102

美瑛富士への登山道が誘ってきますが、誘惑を振り切って石垣山方面へ。

P9210106

美瑛富士の巻き道に入ってようやく、石垣山とオプタテシケが見えてきた。

P9210113

後ろを振り返ると美瑛岳の絶景が大迫力でした。

P9210117

望岳台から見た美瑛岳は正直貧相な山容に見えましたが、こちら側から見る美瑛岳が一番綺麗に見える角度なんでしょうね。

 

そして、やっと本日のターゲット=石垣山が見えてきて大興奮。

P9210118

こちら側の斜面すべてがロックガーデンになっていて、ここにナッキーがうじゃうじゃいると思うと興奮せずにはいられません。

焦る気持ちを抑えて、本日のお宿を設営。

P9210124

緑が僕のお宿。設営中に黄色のお隣さんがやってきてオプタテシケ山に登って行きました。

そして僕はサブザックを持ってナッキー探しに出発!

P9210125

サブザックは芯が入っていないから荷物が少ないと背負いにくいのでダウンジャケットを詰めてフカフカにしてます^^

 

石垣山に登りかけると・・・

探すまでもなくナッキー登場^^

P9210127

一年振りのナッキーはメチャかわいい^^

P9210186

何をみてるんだろう?

P9210149

プププッ、まんまるになってます^^ 寒いのかなぁ?

P9210178

いやぁ、癒されました^^

P9210184

ナッキーを見ていると、日常の不安や嫌な事とかが、すごくちっぽけな事に思えてくるから不思議です。

 

ナッキー現場からテント場を見下ろす。

P9210198_2

今夜ナッキーの棲家で一緒に寝られると思うとワクワクします。

 

さて、お隣さんの勧めもあり、せっかくなので、先ほど見えたカッコイイ山=オプタテシケまで行ってみることにしました。

 

縦走路は石垣山山頂には登らず、巻いていきますが、ここもチングルマの紅葉が絶好調!

P9210199

ベベツ岳の向こうにオプタテシケ

P9210202

質素なベベツ岳山頂。JKってなんだろう?

P9210204

そういえば、ちょっと前に朝日新聞の記者がサンゴにJKって自らイタズラしてねつ造記事を作った事件があったっけ。

JOKE?

Joshiki de Kangaero?

Joshi Kosei ?

さっぱりわからん!

 

オプタテシケへはアップダウンが思ったよりあって、結構ハードでした。

途中、一足先に出発したお隣さんがもう折り返してきましたが、

その笑顔からオプタテシケの素晴らしさが読み取れたので、

「なんとしてでも行くしかあるまい」と心に誓う。

P9210214

オプタテシケ(2013m)到着~

P9210224

トムラウシ様ご登場~

P9210225

トムラウシってアイヌの言葉なので、牛とか関係ないけど、こうやって見ると双児峰が牛のツノに見えて「富村」ってブランドの力強い和牛に見えてくるから不思議です。

 

去年登ったトムラウシとかニペソツとかがよく見えてごきげんでした^^

一度登った山は見るとよくわかるんだよね~

 

さて、ボチボチ帰りましょう。

P9210228

祝 今シーズン初新雪。

P9210229

ベベツ岳のチングルマ紅葉は最高です^^

P9210235

P9210237

イエーイ、脚の長い人

P9210242

あれ~、お隣さんがいない?

P9210249

お隣さんは風が強くなってきたので誰もいない避難小屋に移ったそうです。

 

といわけでナッキー独占状態です^^

P9210257

ナッキーの鳴き声を聞きながら眠りにつきました。

あぁ、なんて幸せなんだろう。

 

(翌日に続きます)

|

« 王滝秋の陣2014 | トップページ | なきうさぎ大作戦2014(その2) »

4.遠足大作戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 王滝秋の陣2014 | トップページ | なきうさぎ大作戦2014(その2) »