« 焼岳珈琲大作戦 | トップページ | 南アルプスの聖なるお山 »

2014年7月13日 (日)

暴風乗鞍

裏乗鞍に行ってきました。

P7133177

今日は乗鞍スカイラインサイクルヒルクライムです。

この大会の醍醐味は何と言ってもゴールが標高2700mの高地にあるということ。

国内では最も高い所まで登れるヒルクライム大会なんです。

多種多様な高山植物を見ながら登れる大会はここと表乗鞍くらいでしょう。

昨年は残念ながら強風で大会が中止になったので、今年はいくつ高山植物が見られるか楽しみです。

P7133165

実業団から順々にスタートして行きます。

P7133168

昨日はいい天気だったのに今日はイマイチ。

P7133172

スタート直前にポツポツと雨が降ってきました。

MTBクラスは女子と60歳以上クラスとともに一番最後のスタートです。

P7133173

スタートはいつものように最後方から。

序盤でMTBクラス2人をパスしたけど、この後MTBの選手を視界にとらえることはありませんでした=ビリから3番決定(泣)

ここは序盤きついのでゆっくりゆっくりと登ります。

ペース合いそうな女子選手に引っ張ってもらいました。

ピッタリくっつくと変質者に間違えられるので10m後方を追走^^

 

30分ほどで平湯峠に到着。

ここら辺から道の脇に高山植物が見えてきます。

テガタチドリモミジカラマツキバナオダマキ

ミヤマシシウドの巨大な爆弾のようなつぼみが開花直前でした。

 

傾斜がゆるくなってくるとだんだんと調子が出てきたので、引っ張ってもらった女子選手をパス。

その前の女子選手に追いついたので、またしばらく引っ張ってもらいました。

ピッタリくっつくと変質者に間違えられるので10m後方を追走^^

夫婦松を50分くらいで通過。

ここら辺はベニバナイチヤクソウがいっぱい^^

 

この辺りからは昨日登った焼岳も見えて気分は最高。

 

 

ところが天気は段々と悪くなり、しだいに風雨が強まってくる。

霧で遠望はきかなくなってきたけど標高2300mを超えると高山植物が絶好調です。

ハクサンイチゲミヤマキンポウゲシナノキンバイミヤマダイコンソウキバナシャクナゲミヤマオダマキイワカガミイワツメクサ、などなど盛りだくさんのテンコモリ。

天気悪いけど、天国のようなところだ!

スタートから1時間30分ほどで、早くも下山集団が降りてきた。

予定よりかなり早いので上の方の天候がよくない状態なのかもしれない。

 

標高2500m付近まで登ってくると、もの凄い暴風が吹き荒れていた。

雨も強く、暴風に乗った雨が体にビチビチ当たって痛い痛い。

下山集団もこの暴風を避けるためにみんな自転車を降りて地面に伏せて対風姿勢を取っている。

僕はなんとか我慢して乗っていましたが風速30mを超えていると思われる横風に煽られ、生命の危険を感じて自転車を降りました。

ヒルクラで自転車を降りるなんて初めての経験です。

自転車を押して歩きますが、両手でハンドルを掴んでいても風で後輪が持っていかれるほどの強風です。

 

しばらく押していたら風が若干弱まったので再び乗車。

この辺は森林限界を超えたハイマツ帯なので風を遮るものがなくてモロに風圧を体に受けます。

最後の直線付近の砂礫帯では暗い霧の中にピンクのコマクサがポツポツと輝いていました。

この強風に耐えているコマクサの姿を見て僕もガンバリました。

 

2時間以上かかりましたが、無事完走(祝)。

P7133174

ゴール地点は標高2700m、気温は6度。雨でびしょぬれなので寒くてたまらない。

急いで預けていた荷物を受け取って防寒着を着こむ。

 

周りを見たら、寒さで動けなくなっている人もいてかなりヤバイ状況でした(でも日本人はみんな沈着冷静だよね)。

P7133175

結局、主催者判断で自転車をここにおいてバスで下山するように指示を受ける。

P7133178

僕も適当に自転車をおいて(これが痛恨の失敗)、バス待ち列に並びました。

P7133179

12:00頃には満員のバスが無事駐車場に到着。

本当は高山植物を見ながらゆっくりと下山したかったのですが、この天気じゃしょうがないです。

 

誤算だったのが上においてきた自転車の回収待ち。

30台くらいしか乗せられないトラックが2台しかないので、推定250台の自転車を運ぶには4往復しなくてはなりません。

1往復1時間かかるから最悪4時間待つかもしれません。

で、僕が自転車を置いてきた場所が問題なのですが、何も考えず1番奥においてきてしまいました。

どう考えても最終便確定です(泣)。

 

会場の近くには何もないのでクルマで出掛けて福地温泉に入ったり、平湯温泉で飛騨牛ランチを食べたり、ドライブインで高山ラーメンを食べたり、ゆっくり、まったりと時間を潰しました。

16:00頃会場に戻ると、最終トラックがほどなく戻ってきて、ようやく僕の自転車が回収できました。

 

いろいろあったけどとっても印象に残った大会でした。

|

« 焼岳珈琲大作戦 | トップページ | 南アルプスの聖なるお山 »

自転車大作戦(イベント)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 焼岳珈琲大作戦 | トップページ | 南アルプスの聖なるお山 »