« 世界に一つだけの花 | トップページ | 暴風乗鞍 »

2014年7月12日 (土)

焼岳珈琲大作戦

台風一過で晴天が約束された日だから「お山でおいしい珈琲を飲もう」大作戦です。

P7120085

日曜日は乗鞍でヒルクライムの大会があるので、乗鞍に近くて景色のよさそうな焼岳(標高2444m)に行き先を決定しました。

翌日に疲労を残さないことも条件ですが、焼岳なら中の湯から往復5時間程度なのでお手軽です。

 

中の湯(標高1620m 6:00)からレッツラゴー

P7120001

この残骸はどこから落ちてきたんだ?

P7120003

気温は16度くらいで歩くにはちょうどいい気温なんだけど、虫がいっぱいでず~っとストーキングされました。

P7120008

スキンガードアクア(虫よけスプレー)もまったく歯がたたず。

顔にまとわりついてきてうっとしいったらありゃしない。

しょうがないのでサングラスと手ぬぐいで顔を覆って完全防備で歩きました。

P7120011

登山道はツマトリソウやギンリョウソウ、ゴゼンタチバナがポツポツと・・・

P7120018

1時間20分ほどで樹林帯を突破。

焼岳さまとご対面~。

P7120022

天気いいね~

P7120026

右手には穂高(左)と霞沢岳(右)。あの谷間には上高地が隠れている。

P7120032

左手が立入禁止の南峰(2455m)、正面の煙を出しているのが本日のターゲットとなる北峰(2444m)です。

P7120037

このあたりはイワカガミがいっぱい♪

P7120045

標高2100mを超えると虫もいなくなって快適です。

P7120052

うしろを振り返ると乗鞍岳。

P7120054

この辺は硫黄の臭いが立ち込めていて温泉街に来た感じです^^

P7120062

やっぱりイワカガミは岩場が好きなんだね。

P7120063

南峰と北峰の間のコルまであと少し。

P7120064

それにしてもいい空だ!

P7120066

コルまで登りつめると火口湖が見えた!

P7120069_2

それにしても噴気がすごい。山頂へはこの噴気の下をトラバースして向こう側から登るみたい。

P7120073

南峰と乗鞍岳

P7120084

あとひと登りだ。

P7120093

シューシューと大きな音を出して噴煙があがる。ここで温泉タマゴを作る人もいるみたい^^

P7120096

北峰(2444m)到着 \(*^ ^*)/

P7120110

山頂からは期待以上の大パノラマでした^^

 

噴煙の向こうに乗鞍岳と焼岳南峰。

P7120104

南峰と火口湖

P7120105

笠ヶ岳・・・遥か下方に新穂高温泉が見えるけどすごい高度差だ!

P7120112

槍ヶ岳~

P7120114

穂高連峰(奥穂高岳、前穂高岳、明神岳)と梓川流れる上高地

P7120119

さて、この景色を眺めながら珈琲を飲もう!

 

いつもは350円/200gのブラジル(サントス)を飲んでいるけど、今日はせっかくなので2500円/200gのハワイコナを奮発しました^^

P7120120

重たかったけど雰囲気重視で銅製のポットとドリッパーで淹れます^^

P7120121

いただきま~す。

P7120123

コナの強い香りと独特の酸味が少し疲れた体に沁み入る。

珈琲はストレートだけど、焼岳山頂というロケーションと穂高・上高地の絶景がブレンドされて最高です!

おいしくて2杯も飲んじゃいました^^

 

山頂では1時間ほどまったりと・・・至高の時間でした。

 

 

さて、10時前ですが人が増えてきたのでそろそろ下山しましょう。

P7120125

この景色を目に焼き付けて・・・

P7120126

P7120127

P7120129

明日自転車で登る予定の乗鞍岳。今日みたいな天気だといいな~

P7120143

今にも岩が落っこちてきそう・・・

P7120144

夏山だね~

P7120147

2100m地点まで下ると忘れていたストーカーがまとわりついてきたので再び完全防備仕様に。

お前は誰だ?

P7120153

虫から逃げるように下山しました。

P7120160

11:20 無事下山。

P7120162_2

下山後はホテル焼岳のうぐいすの湯で汗を流しました。

 

それにしても絶景の山珈琲は最高でした。

やみつきになりそうです。

|

« 世界に一つだけの花 | トップページ | 暴風乗鞍 »

4.遠足大作戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界に一つだけの花 | トップページ | 暴風乗鞍 »