« ツールド八ヶ岳 | トップページ | き~こえない届かないずっとノーリアクションライド »

2014年4月20日 (日)

ザゼンソウ大作戦

ツールド八ヶ岳を走り終えた後は、お隣の小海町に移動してザゼンソウ散策へ。

P4200258

ツールド八ヶ岳が開催された佐久穂町のすぐ隣の小海町にザゼンソウの群生地があると聞いて、散策にでかけました。

ゴルフ場の近くから農作業道のような細い道を進み、最後は未舗装林道を3kmほど走ったところに群生地がありました。

道は細いですが、しっかりとした案内板が分岐ごとに立っているので迷う心配はないでしょう。

 

ちょうど見頃のはずなんですが、僕の他に先客はなし。

P4200194

くたびれた「ざ・ぜ・○・草」

P4200282

さぁ、行きましょう。

P4200283

群生地はカラマツ林のようです。

P4200281

パッと見た目はザゼンソウが咲いているようには見えません。

本当に咲いているのか不安でしたが、下に降りてみたら、さっそくザゼンソウが出迎えてくれました。

P4200195

僧侶が座禅を組む姿に似ていることが名の由来ですが、ほんとそのまんまです。

よくみるとアッチコッチにたくさん咲いてる^^

P4200201

右からきたものを左へ受け流すムーディなザゼンソウ

P4200217

リーゼントの前髪を垂らした綾小路なザゼンソウ

P4200235

いろんなのがあるね~

 

真ん中のマツボックリみたいのを肉穂花序(にくすいかじょ)、それを包んでいるまわりの赤いハナビラみたいのを仏炎苞(ぶつえんほう)と呼びます。

P4200247

この肉穂花序がとっても優れもので、開花の時に25度くらいまで発熱するんだそうな。

P4200239

発熱することで周りの雪を溶かし、他の花よりも一足先に咲くことができるっていうしくみらしい。

P4200250

まだ寒いこの時期の数少ない昆虫を独占して受粉確率をあげる戦略なんだね。

P4200244

茫洋とした風貌に似合わず、かなりの戦略家のようです。

P4200249_2

この黒い肉穂花序は発熱し過ぎてこげちゃったのかな(・_・?)

P4200245

ザゼンソウにはさらに昆虫を集めるための戦略があって、ハエを集めるために強烈な悪臭を放つんだって。

P4200266

それで付けられちゃった不名誉な英語名が「スカンクキャベツ」だってさ^^

P4200270

試しにニオイを嗅いでみたけど、そんなに臭くなかったよ。

P4200274_2

沢のほとりに佇んで何を想う?

P4200275

P4200273

小海町ではここの群生地を「小海のお宝100選」として大切にしているそうです。

P4200278

ザゼンソウは100株ほど咲いていたと思いますが、大切にしたいね。

P4200280

またお気に入りの場所がひとつ増えました。

来年もツールド八ヶ岳が終わったら見に来よう!

|

« ツールド八ヶ岳 | トップページ | き~こえない届かないずっとノーリアクションライド »

6.散歩大作戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツールド八ヶ岳 | トップページ | き~こえない届かないずっとノーリアクションライド »