« TWO PUNKS ライド | トップページ | 鉄分補給に旧国鉄士幌線 »

2013年7月20日 (土)

静岡のさきっちょ大作戦

夏山シーズン到来!「静岡のさきっちょ岳」目指して出発!

P7200125

静岡県民なら誰もが憧れる「静岡のさきっちょ岳」。

他県では「間ノ岳」と呼ぶらしい(笑)。

ピンとこない方は静岡県の地図をご覧ください(笑)。

この山は標高3189mで日本で4番目に高い山。

登山拠点となる広河原からの標準コースタイムは往復13時間相当。

日帰りする場合、広河原はマイカー規制されているので、始発バスの到着する6:00から最終バスが出発する16:00まで、すなわち10時間以内に戻ってこなくてはなりません。

日帰り派の僕にはとってはかなり厳しいトライになります。

芦安から始発のジャンボタクシーに乗って広河原へ6:00到着。

6:09 広河原大橋から出発! 天気最高で北岳もバッチリ!

P7200003

大樺沢(おおかんばさわ)沿いの登山道に入るとホタルブクロが出迎えてくれました。

P7200009

ドキドキしながらスカートの中を覗いてみたけれどホタルはいなかったよ ┐( ̄ー ̄)┌

 

こっ、これは外来種のツルオドリコソウ(ラミウム)?

P7200013

北岳界隈は貴重な高山植物の宝庫なので、在来種が影響受けなければよいのですが・・・

 

葉脈の線がおおざっぱなのがトリアシショウマ、神経質な奴がヤマブキショウマなのでこれはトリアシですね・・・ と思ったけど、近種のハナチダケサシに訂正。

P7200016

これはクルマユリかな (・_・?)

P7200019

大樺沢沿いは雪解け水が涼しい風を運んでくるので爽快です。

P7200020

今年もお気に入りのミヤマハナシノブに逢うことができました^^

P7200025

いい色です。

P7200039

雪渓はかなり融けていて二俣を越えるまではず~っと夏道を歩きます。

P7200028

涼しげなイブキトラノオとミヤマキンポウゲ。みきれたバイケイソウ^^;

P7200034

タデ食う虫も好き好き オンタデ撮る僕も好き好き

P7200040

ここから雪渓に入る

P7200041

思ったほど混んでいなくて大名行列は避けられました。

軽アイゼン装着者と非装着者が半々くらいかな?

シャーベット状なのでキックステップでもなんとかなりますが、上部はかなり急傾斜になるので装着した方がいいでしょう。

一人滑落して相当下まで落ちましたが生きてました^^;

P7200042

雪の上に石がたくさんあって落石が怖い

P7200046

落とし穴注意!重量級の人は特にね!

P7200047

雪渓終了~  鳳凰三山の向こうに八ヶ岳が顔を出しました^^

P7200048

北岳がズド~ン!

P7200056

ゴゼンタチバナとツマトリソウ

P7200058

一応言っておきますが、ツマトリソウって妻を寝とる悪い奴ではありません。

P7200059

残念ながらまだ実を付けていないコケモモ

P7200062

ダケカンバの厳しい傾斜道を登り詰め、八本歯のコルへ到着。

ここでようやく本日のターゲット「だった」山とご対面!

P7200071

「だった」???

 

八本歯のコルへの予定到着時刻は9時00分。

そして現在時刻は・・・

10時10分

全然ダメじゃん ( -.-)ノ⌒□

 

このペースでは間ノ岳往復は全然無理です。

ペースを上げようにもヘロヘロでグロッキー状態 へ(×_×;)へ

というわけで、ターゲットを北岳に変更しました^^

 

イワベンケイ・・・岩の上のハシゴを見て萎える (°m°;)

P7200072

富士山とご対面~ V(^-^)

P7200073

やっぱり世界遺産は威厳あるね~

P7200088

花弁の繊細な模様が美しいシコタンソウ

P7200074

イワツメクサ

P7200075

ツガザクラ

P7200079

アオノツガザクラ 昔の人は緑をアオって言うからね。

P7200081

間ノ岳方面へ向かうトラバース道との分岐を過ぎ、北岳への登山道を登りつめる。 

間ノ岳・・・今日は眺めるだけにしよう。

P7200090

北岳山荘・・・ここに泊まれば静岡のさきっちょへ行けるんですけど、自称お坊ちゃま育ちの僕は山小屋無理。

P7200089

今日の花の主役はミヤマオダマキ(深山苧環)

P7200094

もうね、この存在感・・・圧巻です。

P7200096

よく似た園芸種があるためか、あまり話題にならないお花ですが、もっと注目されていいと思う。少なくとも今日一番輝いていたのは彼女たちでした。

P7200108

赤味の強いミヤマクワガタ

P7200098

みんなで元気玉を作っているのはミネウスユキソウかな?

P7200102

シコタンソウ

P7200109

ハハコヨモギ

P7200110

キバナノコマノツメ

P7200115

ミヤマキンバイ

P7200117

斜面にびっしりとハクサインイチゲ

P7200119

ハクサンイチゲとシナノキンバイの群生

P7200120

コイワカガミとハクサンイチゲの群生

P7200123

南アルプスの女王様こと仙丈ケ岳登場!

P7200128

北岳山頂まで後少し!

P7200129

登頂 d=(^o^)=b

P7200147

山頂では日本で2番目に高い山からの景色を楽しみました^^

 

南アの女王様(仙丈ケ岳)と貴公子(甲斐駒ケ岳)

P7200144

甲斐駒のアップ

P7200138

北岳より高い場所は富士山だけなんだよね~

P7200145

鳳凰三山の地蔵岳のツノ 

P7200137

拡大したらオベリスクの先っちょに人が立ってた(◎_◎;)

P72001372

鹿島槍~五竜~白馬三山 今年も白馬登りたい!

P7200140

裏ノリが中止されたので登れなかった乗鞍。畳平はどの辺だろう?

P7200141

穂高~槍ヶ岳~常念岳

P7200142

今日は日本の3000m峰がほとんど見えたかも。

 

さっ帰ろう!

P7200154

振り返ってサラバ北岳 (-_-)ゞ

P7200156

帰りはクサスベリコースにて

P7200158

シナノキンバイのお花畑が絶好調でした \(*^ ^*)/

P7200164

斜面ビッシリのシナノキンバイです。

P7200165

15:12 無事下山

P7200171

広河原に着いたら丁度待っていたジャンボタクシーに待ち時間ゼロで乗車できました。ラッキー!

P7200172_4

いやぁ~ あいかわらず北岳は最高ですね。

思ったより人も多くなかったし・・・

それにしても静岡のさきっちょは遠かったです。

課題は標高2300m以上でペース落ちせずに歩くことですが、それには貧血症を治さないとね。

|

« TWO PUNKS ライド | トップページ | 鉄分補給に旧国鉄士幌線 »

4.遠足大作戦」カテゴリの記事

コメント

静岡のさきっちょには こんなステキな山があるんですね
こんなに標高の高い山だと私の体力では日帰りは無理なので、
codileさんの画像で行った気分になれますよ~

それにしても花の多さびっくりです。
ミヤマオダマキ、ドレス着てるみたいなステキな形のお花ですね!
自然の神秘を感じてしまいます。

私も貧血だけど、男性の貧血は珍しいですよね。
鉄剤飲んだら 楽々登れたりするのかな~??

投稿: ボケちん | 2013年7月23日 (火) 09時28分

>ボケちんさん
静岡のさきっちょイイでしょ!
でも残念ながら今回歩いたのはすべて山梨県。
夢の静岡の先端へ到達するにはまだまだ険しい道程なのです^^
ミヤマオダマキは本当に存在感があってすばらしかったです。
僕は後頭部のカタチから魔人ブウって呼んでます^^
鉄剤は胃腸が弱い僕には副作用が心配かも・・・・
あぁなんて虚弱体質^^;

投稿: codile | 2013年7月23日 (火) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TWO PUNKS ライド | トップページ | 鉄分補給に旧国鉄士幌線 »