« 東京砂漠(その1 出航編) | トップページ | 東京砂漠(その3 チェックイン編) »

2013年5月 2日 (木)

東京砂漠(その2 上陸編)

下田からあぜりあ丸に乗ること2時間30分。いよいよ目的地へ上陸!

P5024897

神子元島を過ぎたあたりから景色も単調になり、なにより風が冷たいので、トド部屋に戻って僕もトドの一員となりました。

このクラスの船だと全然揺れないのかなと思いましたが、結構揺れますね。

三半器官が鈍感な僕は一度も船に酔ったことがないので全然へっちゃらですけど・・・

船底の2等客室は結構肌寒くて掛けるものが欲しくなります。

船に毛布が常備してありますが、1枚100円のブルジョア仕様。

赤いクルマの資金繰りで大変な僕は有料毛布を我慢して持参したダウンジャケットを羽織ってしのぎます^^;

出発から約2時間。

ゴロゴロするのも飽きてきたので再び甲板に出てみた。

 

おぉ! 伊豆七島のうち4.5島が一列に見える!

P5024875

右から、平べったい式根島、2つの島に見える新島、無人の鵜渡根島、とんがり頭の利島、うっすらと伊豆大島。

 

そして右舷側には目的の島が見えてきた! 神津島だ!

P5024877

そう、今回の目的はこの神津島に渡って、天上山に登ることなのだ!

 

神津島帰りのブルジョアな水中翼船とすれ違う。

P5024881

この船は東京-神津島を3時間でいけちゃうらしい。

普通の客船だと10時間かかるので相当速いです。

この時期は熱海からも出航していますが、赤い車の資金繰りが・・・

 

それにしても神津島の景観には圧倒されます。

P5024883

岩肌の黒い筋は黒曜石の地層らしい。

P5024884

祇苗島(ただないじま)

P5024887

無人島ですがヘビがいっぱいすんでるそうです。

P5024893

南の島って感じ♪

P5024898

神津島の港は神津島港と多幸湾の2箇所あって天候によって変わるそうですが、今日は風裏となる多幸湾側に入港。

P5024899

天上山からの崩落がすごい!

P5024900

12:00到着!多幸湾だと定刻よりも少し時間がかかるみたい。

P5024901

おまわりさんは何のためにいるのかな?

怪しい人に見えないように愛想笑いをしながら神津島へ上陸!

 

それにしてもマリンブルーの海の色が半端ない!

P5024904

この景色が見れただけでも感激です。

もうこのまま帰っても十分満足かもしれない。

 

その3へ続く・・・

|

« 東京砂漠(その1 出航編) | トップページ | 東京砂漠(その3 チェックイン編) »

4.遠足大作戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京砂漠(その1 出航編) | トップページ | 東京砂漠(その3 チェックイン編) »