« 東京砂漠(その5 赤崎遊歩道編) | トップページ | 東京砂漠(その7 天上山周回編) »

2013年5月 3日 (金)

東京砂漠(その6 天上山登山編)

いよいよ天上山にアタックする時がやってまいりました^^

P5035044

2013年5月3日 5:00 起床 いい朝です。

P5035015

昨夜はず~っと波の音が轟々と鳴り響いていたのでグッスリとはいかないまでも、ほぼほぼ快眠することができました。

ちょっと肌寒いものの、昨夜の風も収まっていて絶好の登山日和です。

軽く朝食を採って、5:30沢尻キャンプ場を出発!

沢尻-港間の海沿いの道は昨日2往復しているので、今日は趣向を変えて山側の道から行ったら30分も掛ってしまいました。

その割には景色は大したことなかったのでちょっと失敗だったかも・・・

 

前浜には6:00到着。

P5035018

ここから内陸部に入って、黒島登山口を目指します。

誤算だったのが飲料水の確保。

途中の自動販売機でペットボトルを買おうと思っていたのですが、サイフの小銭は115円。

お札の方は5千円札はあるけど千円札が1枚もない。

まだ6時前なので開いているお店は当然なし。

泣く泣くあきらめました。

幸い昨日仕入れた500mlのアクエリアスが1本あります。

今日はそれほど気温が高くないことと本日の工程が4時間程度と想定されることから、セーブすれば大丈夫と判断しました。

 

神津島のマンホールはカジキ柄^^

P5035019

アプローチの舗装路がなかなか急こう配で結構しんどいです。

だんだん天上山が大きく見えてきました。

P5035022

天上山の斜面はウラジロと呼ばれるシダがびっしりと生えています。

 

前浜から30分ほどで黒島登山口に到着。

登山口には立派なトイレがありました。

水が汲めるかと入ってみましたが、「雨水なので飲めません」の貼り紙が><

 

6:30 黒島登山口

P5035025

オオシマツツジの咲く気持ちの良い登山道を登る。

P5035026

ここの登山道は高い樹が生えていないので後ろを振り返るといつでもこの絶景が見えて最高です。

P5035027

登り始めると、こんなに早い時間なのに続々と下山者が降りてくる。

2-3人パーティが6組くらいかな?

みんなテン泊装備の若者でしたが、さては上で幕営したな!

国立公園内の無許可幕営は法律で禁止されているのでよい子はマネしないように!

 

マルバシャリンバイ

P5035028

サルトリイバラの実

P5035029

景色だけ見ていると北アルプスの前常念を登っているみたい。

P5035030

とても標高500mの山に見えないダイナミックな景観です。

P5035031

登山道はよく整備されていて危険箇所もありません。

おまけに1合ずつ標識があってペースが作りやすい。

もう一息!

P5035032

1時間弱で10合目到着~。

今日初めて陽に当たったのでカニサインV

P5035033

標準コースタイム50分のところ、自称ヒルクライマーが55分もかかったことは内緒です^^;

天上山の10合目は山頂ではなく、とても広~い山頂エリアに到着したに過ぎません。

これから広大な天上を周回する至福のとき^^

P5035034

オロシャの石塁 江戸時代に黒船襲来に備えて石で囲いを作った跡だそうな。

P5035035

千代池 火口湖らしくとても神秘的な場所でした。

P5035036

ニホンカナヘビ 今日は100匹くらいみたかも。天上山はカナヘビ天国です。

P5035038

千代池に降りてみた。 ここの水は飲めるかな?

P5035041

千代池から砂漠分岐まで進んだところで頭にかけていたサングラスがなくなっていることに気付きました。

思い起こせば千代池周辺の道は樹がせり出していたので、そこでひっかけて落としたのかな?

一応おふらんす製の舶来モノなので引き返して探すことにしました。

ところが本命と思っていた千代池周辺には落ちていない。

途中、ご夫婦のハイカーとすれ違いましたがサングラスを拾ったような感じではない。

10合目まで戻りましたが結局見つからなかったので泣く泣くあきらめました。

 

気をとりなおして黒島展望山と呼ばれる524mピークに登ってみることにした。

P5035042

ここにはコウヅシマヤマツツジという固有種がわずかながら咲いているそうですが、素人にはオオシマツツジと見分けがつきません。

P5035043_3

黒島展望山(524m 8:00)で記念撮影!

P5035048

絶景です^^ 昨日行くことができなかった南側の空港や灯台、ジュリアの十字架がよく見えた。

P5035046

北側は天上山のピークがそびえたつ。

P5035047

大正時代からの治山跡がすさまじいが、あんなところでどうやって石垣を組んだんだろう?

 

その7へつづく・・・   

|

« 東京砂漠(その5 赤崎遊歩道編) | トップページ | 東京砂漠(その7 天上山周回編) »

4.遠足大作戦」カテゴリの記事

コメント

わお!絶景ですねー

テント泊での 忘れ物も、買い出しで島探検ができて良かったですね
私はアクエリアス1本だと死んでしまいそう。

ニホンカナヘビ、かわいい

投稿: ボケちん | 2013年5月 9日 (木) 13時57分

>ボケちんさん
島探検の代償に歩きすぎでクタクタになりました(^^@)ゞ
カナヘビさんは胴長で僕と同族みたいなので愛着が湧きますヽ(^。^)丿

投稿: codile | 2013年5月 9日 (木) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京砂漠(その5 赤崎遊歩道編) | トップページ | 東京砂漠(その7 天上山周回編) »