« 夜の散歩 | トップページ | よいお年を »

2011年12月30日 (金)

mission WC33'

伊豆の里山でよく見かけるのが「西国三十三箇所満願供養塔」。

西国三十三箇所とは、平安の昔からある巡礼行のひとつで近畿地方の三十三箇所の観音菩薩を巡礼参拝すると、現世で犯したあらゆる罪業が消滅し、極楽往生できるらしい。

日頃、立ち入り禁止区域に入ってばかりいる僕が極楽往生するには三十三箇所巡礼するしかないわけですが、幸いなことに伊豆の山奥・河津町の観音山に、この西国三十三所を模した観音様があるという。

というわけで行ってきました。

名付けて、西国三十三箇所巡礼もどき大作戦。

Pc302350

今朝の神島橋 2011/12/30 8:50

Pc302259

河津町へ行くには天城越えが最短ルートです。

先週と同様、天城路へ。

Pc302261

浄蓮の滝の気温計では8度の表示。

先週よりかなりあたたかい。

天城山隧道では、気のいいおとっつぁんに写真を撮ってもらう。

Pc302265

河津側へ下って寒天橋

Pc302275

伊豆は天草の産地ですが、寒天をつくるために天草を運んだことが橋の名の由来だとか・・・

(天草以外に運ぶものはなかったんかい!)

 

二階滝

Pc302282

温暖な伊豆ではまだオレンジの紅葉が楽しめます^^

Pc302288

グルグルグルグルtyphoon ループ橋

Pc302292

梨本神社手前を左折して泉奥原方面へ向かうと、わさび田がお出迎え。

Pc302294

観音山石仏群の看板に沿って進みますが、20%坂も出てきてかなりきついッスsweat01

Pc302298

民家が途切れると怪しげな道に・・・

Pc302299

3時間かけてやっと入口に到着。それにしても遠い!

Pc302300

コースに入ってすぐ、いきなり謎のメモを拾った。

Pc302307

一見、バードウォッチングのカウント数に見えるが僕は騙されない。

サンコウチョウ8、ルリビタキ40とかありえないでしょう!

きっとこれはお宝の隠し場所の暗号に違いない。

全国のコナン君、解読できたら是非一報を!

ちなみメモは2010年9月のEIDEN下田店のレシートに書かれていました。

Pc302309

序盤は歩きやすい道

Pc302310_2

枯れ沢を渡ります。

Pc302311

渡ったらすぐに六地蔵がお出迎え。

Pc302314

でっかいモミの樹。

Pc302316

モミボックリもでかい!

Pc302318

通常モミの球果は生えている時にバラバラになって飛散するのでモミボックリの形で落ちていないんですが、これは台風の時に落ちたみたいです。

Pc302320

このモミのところから急登です。

相棒(12kg)を担ぐとなかなか大変。

 

崩落箇所を乗り越えたら急登も一段落。

でも枯れ沢を渡ったらまたしても急坂が見える。

Pc302328

ヒー!

それにしても昔の人はどうしてこんな山奥に観音様を設置したのでしょうか?

なんとか登り切ってようやく到着。

Pc302329

こちらが1735年設置の下窟28体の観音様。

Pc302330

向こう側には上窟11体の観音様が見える。

Pc302333

とりあえず1体1体巡礼しましょう^^

Pc302337

観音様についてはズブのシロウトですが、右手の鉾を持つこの方は千手観音でしょうか?

Pc302346

こちらのやる気なさげなお方は如意輪観音様だそうです。

Pc302347

このポーズはやる気がないんじゃなくて、どうやったら人々を苦しみから救えるか悩んでいる姿だそうです。 

 

↓広島弁でしゃべりそうな貫禄のある観音様。

Pc302349_2

観音様が向いている方向の景色。

Pc302339

この景色を200年以上見てきたんですね~。

とりあえず全部の観音様に参拝できたのミッション完了です。

 

それではさようなら~ 

Pc302345

帰りは一目散。

Pc302354

本日の走行距離:サイコン付けてないからワカラン!

|

« 夜の散歩 | トップページ | よいお年を »

自転車大作戦(サイクリング)」カテゴリの記事

コメント

良いコースですねhappy01
観音様がいい感じです。
私も立ち入り禁止区域によく入ってしまうので、参拝しないと。
モミボックリも初めて見ました。

今年もあと少しですね~。良いお年をお迎えくださいねfuji

投稿: ボケちん | 2011年12月31日 (土) 23時44分

>ボケちんさん
あけましておめでとうございます。
昨年はたくさんコメントをいただいて、うれしかったです。
今年は、あのモミボックリのように図太く生きていこうと思っていますbleah
本年もよろしくお願いします。

投稿: codile | 2012年1月 1日 (日) 20時39分

ここに、自転車でいくもの好きがいるとは思いませんでした^^;
ここも火山が作り出した造形美ですね!
もう一息の看板からがキツいんですよね~

今年も、誰もいかないような場所に立つ、codileさんの姿を楽しみにしております。

投稿: きたさん | 2012年1月 4日 (水) 09時27分

>きたさん

「北風おやじ1977+」って公式ガイドブックのとおりに来てみたんですが、そんなに大変そうに書いてなかったものですっかりだまされました^^
あそこの著者は相当な健脚なので気をつけた方がいいですよ~。
それにしても、ココいい雰囲気ですね!
また、いいところがあったら教えてくださいね。

投稿: codile | 2012年1月 4日 (水) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜の散歩 | トップページ | よいお年を »