« ヒラメ大作戦 | トップページ | 鶏冠山大冒険(その2) »

2011年11月 5日 (土)

鶏冠山大冒険(その1)

奥秩父の鶏冠山(とさかやま)へハイキングに行ってきました。

Pb051233

先週の瑞牆山は人いっぱいの大賑わいだったので、今週は静かな山歩きがしたいと思って行き先を吟味していたところ、同じ奥秩父の楽しそうな山を見つけました。

それが今回のターゲットとなる鶏冠山(とさかやま)

鶏冠山は山梨百名山に選ばれるほどの立派な山ですが、何故か地図に登山路が記載されていない不遇な山。

でもネットで調べたら登られている人がたくさんいて、岩峰からの眺めなど中々評判がよい。

ルートは、西沢渓谷~第1・2・3岩峰~鶏冠山(標高2177m)~鶏冠尾根~木賊山(とくさやま 標高2468m)~戸渡尾根~西沢渓谷が良さそうだ。

余力があれば木賊山から甲武信ヶ岳にも行けそうだし・・・

ということで、高所や岩登りが苦手な僕にとっては大冒険なのですが、思い切って登ってみました。

 

伊豆の自宅を2:24出発。

Pb051214

出発時は星が綺麗。気温も16度で申し分なし。

伊豆の国(2:24出発)→国136→三島→国246→御殿場→国138→富士吉田→国137→御坂→国140→西沢渓谷入口(4:52到着)

雁坂トンネル手前の高架橋の下が駐車場になっていました。

1時間ほど仮眠してから出発!

 

西沢渓谷駐車場(標高1100m 6:10)

Pb051215

高架橋の上にターゲットとなる鶏冠山が見えていてテンションあがる

出発時の気温は8度。11月とは思えないあたたかさ。

笛吹川を西沢渓谷方面に歩く。

Pb051221

西沢渓谷遊歩道の周回路の起点には立派なトイレがありました。

Pb051223

甲武信ヶ岳登山路入口を横目で見送り、西沢山荘を越えたら吊り橋が見えてきた。

二俣吊橋(標高1160m 6:36)

Pb051231

その吊橋から東沢上流を眺めると・・・

 

「鶏冠山」

Pb051232

ほんとうにトサカのようだ!

朝日に照らされた鶏冠山が僕を手まねきしている。

すでにテンション最高潮

でも、あんな険しいところに登れるのか???

 

ここから先、鶏冠山登山路に入るところが分かりにくいらしいのですが、幸いなことに後ろからソロの方が来たので先に行ってもらって、ついていくことにする。

名付けてコバンザメ戦略。

 

でも西沢渓谷道との分岐にはちゃんとしたかわいらしい案内板がありました。

Pb051236

しばらく東沢左岸を歩く。

Pb051237

途中、ロープの張られたちょっとした登り下りを過ぎたら、東沢と鶏冠谷が合流する出合のところで河原に降りる。

丁度先行してもらった人が靴を脱いで渡渉に備えていたところなので、僕も渡渉の準備。

 

鶏冠谷出合(標高1180m 6:48)

Pb051240

ここが渡渉ポイント。

水は思ったほど冷たくなくて想定の範囲内。

想定外だったのが、川底が海苔でツルツルで非常に滑りやすいこと。

10秒ほどで渡れると思ったけど慎重に歩いて30秒ほどかかりました。

深さは最深部で30cmくらいなので膝までは浸からない程度です。

Pb051243

渡った後はお腹が空いたのでおにぎりを二つ補給。

出発してから1時間も経っていないのに・・・

食事中に後続の女性ソロの方が渡渉。

彼女はサンダル持参であっさりと渡ってしまいました。

やっぱりサンダルを持ってきた方がよさそうです。

 

ここからは鶏冠谷の左岸を登る。

2箇所ほど渡渉ポイントがありますが、水が少なかったので岩壁にへつりながら登って、靴を濡らさずに渡れました。

増水時にはここを越えるまでは靴を履かない方がよさそうです。

Pb051244

渡渉ポイントを過ぎたら鶏冠谷と別れて尾根登りがはじまる。

ここからしばらくはコース明瞭な尾根道で間違えようがない。

Pb051249

命名「うつぼ岩」

Pb051245

ウツボにかまれないように通過した後は紅葉が絶好調!

Pb051252

しばらくは楽しい紅葉歩きが続く。

標高が1500mを越えると紅葉はおしまい、コメツガの登りが続く

Pb051255

1時間ほど登って別の尾根筋と合流したところで一段落。ここでちょっと一休み。

Pb051256

ここから先はミスコースしやすいので注意が必要。すぐに気付きますけど・・・

どうやらトサカの下部に取り付いたようで、ここからは岩場のトラバース。

Pb051261

虎紐もいくつか出てきます。

Pb051262

いい眺めだな~

Pb051270

右下にチョロっと駐車場が見えます。

ここからヒト登りしてようやくトサカの尾根に取り着く。

Pb051272

尾根筋になっても登りがキツイ!

Pb051274

この岩をよじ登ると・・・

Pb051278

でた~

 

第1岩峰(標高1986m 9:08)

Pb051283

特等席があったよ!

Pb051284

出発時の駐車場、吊り橋、歩いてきた笛吹川上流部がすべて見えます

 

鶏冠山大冒険(その2)に続く・・・

|

« ヒラメ大作戦 | トップページ | 鶏冠山大冒険(その2) »

4.遠足大作戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒラメ大作戦 | トップページ | 鶏冠山大冒険(その2) »