« 鳥海山グルッと一周MTBサイクリング(前日編) | トップページ | 鳥海山紅葉ハイキング »

2011年10月 9日 (日)

鳥海山グルッと一周MTBサイクリング

鳥海山グルッと一周MTBサイクリングに参加してきました。

今年で10回目を迎えるこの大会、個人的には5年連続5回目の出場になります。

Pa091295

前日は象潟の宿に宿泊。

PM8:00 就寝(早っ!)

AM3:00 起床

AM:3:30 温泉浴で目を覚ます。

AM3:50 宿出発

AM4:00 象潟海水浴場到着

星空が綺麗で天気は大丈夫そう。 

AM4:45 出走チェック完了

AM4:50 Aグループスタート。

Pa091274

Bグループの僕は2分遅れでスタート!

スタートしてすぐに下半身が寒いことに気付く。

今日のレーパンは真夏用の「ごく薄君」仕様なので冷たい風があたると何も履いてないみたいに感じる。

何度もレーパンを履いていることを確認しちゃいました。

 

AM5:00前なので辺りは真っ暗。

最初の海岸線のダートで知らない間に僕が集団の先頭にたってしまう。

どうやらみんな暗いライトを付けているので、比較的明るいライトの僕を目印にしているようだ。

おかげさまで、先頭のプレッシャーに負けて今年も最初からガンバリすぎてしまいました。

 

今年は去年と違って標高400mを登る岩山林道が割愛されている。

今年は4年前と同じ女鹿(めが)地区を通るルートで、去年より1時間早く「丸池様」に到着。

Pa091280

相変わらず、神秘的なエメラルドグリーンが美しい。

 

丸池様から吹浦(ふくら)の田園地帯に出ると朝日がまぶしい!

Pa091284

そして逆光の中、鳥海山のシルエットがくっきりと浮かび上がってきた。

Pa091286

お天気最高!

今日はいいサイクリングになりそうだ!

Pa091288

遊佐(ゆざ)の田園地帯を気持ちよく走る。

脳内BGMは「遊佐」つながりで「瞳水晶」by遊佐未森

 

ヘリポートAD(40km 6:50)

Pa091290

梨とヨーグルトごちそうさま!

 

ここから次の玉簾(たますだれ)の滝ADまでは舗装路のダラダラ登りが続く。

おまけに向かい風!

 

この区間で右のクリートがペダリング中にはずれること数回。

そのたびにくるぶしとスネを強打してもんどり打つ。

滅茶苦茶痛いっス!

クリートが減りすぎみたいです。

Pa091366

そういえば2年も交換してないな~

玉簾(たますだれ)の滝AD(60km 7:43)

Pa091292

おにぎりいただきま~す。

Pa091293

さてここから奥山林道のロングダートいってみよ~

Pa091301

ちょこっとだけ冠雪した鳥海山を正面にテンションウナギ登り

Pa091299

ところがこの後すぐテンション下がりまくりの問題が発覚。

リヤホイールから異音が聞こえるので、止まって確認して見ると・・・

 

 

スポークが折れているではないか~!

 

 

 

これは体重81kgの僕に対する当てつけなのか!

 

とりあえず、折れたスポークがブラブラしないようにハブと他のスポークの間に挟んで固定し、下りはスピード控えめに丁寧に走ることを心がける。

 

 

 

そして、今年もきました「チ○コ岩様」

Pa091302

 

今年は先っちょにススキが一本生えていて例年より破壊力倍増!

 

実はこのチン○岩様の手前に赤いママチャリが置いてあって、こんなところに放置自転車?なんて不思議に思っていたんです。

そしたら、逆光で気付かなかったけど、その先にママチャリの主であろうカメラマンさんがおりました。

Pa091303

ってゆーか、ここまでママチャリで来たの~すごい!

ってゆーか、何故撮影ポイントにチン○岩をチョイス?

ってゆーか、この行動力は間違いなく○ケちんさんですよね?

90%くらい確信がありましたが、ひつじ年でおひつじ座の根っからの臆病な僕は声をかけれずに通過してしまいました。

 

つづら折れの一番しんどいところ。

Pa091306

今年は浮き砂利が少なくて走りやすい。

標高をグングン上げますが、今年は昨年よりも紅葉が遅れている模様。

標高600~700m付近はまだ紅葉してません。

Pa091307

去年は手前の葉っぱが真っ黄色で、向こうの山の上の方は葉が落ちてたのにね。

山頂がちょこっとだけ見える絶景ポイント。

Pa091311

県境をまたいで山形から秋田に入るとブナ林を突っ切る気持ちのいい直線。

Pa091315

最高標高地点到着(標高860m)

Pa091318

もう登らなくていいんだ~

 

ちょこっと下って大清水AD到着。

 

大清水(おおしず)AD (80km 9:48)

Pa091321

鳥海山は僕に似てシャイなのか雲の中に引っ込んでしまいました。

アンパンいただきます!

Pa091323

くだりのオフロードはホイールをいたわってノンビリと下る。

玉田渓谷上流の手代橋

Pa091325

この後の登り返しで長身ライダーとお話しする。

ぱっと見、僕と同じくらいかな~なんて思っていたら、身長を聞いてビックリ!

 

194cm!

 

僕は188cmだから桁が違いますね。おみそれしました。

靴や服のサイズとか僕のレベルでさえ不自由なのにさぞ苦労されたことでしょう。

 

そして釣りキチ三平ロケ地でお馴染みの法体の滝へ到着。

法体(ほったい)の滝AD(100km 10:45)

Pa091326

象潟うどん、まいう~

Pa091328

折れたスポークがフラフラして心元ないので、ガムテープをもらってガッチリと固定。

Pa091365

これで一安心。

ここからはオンロードの登り。

いままで気付かなかったけどこんな池があったんですね。

Pa091329

鳥海山は見る角度よって山容が変わる山。

矢島側からは富士山のような形でした。

Pa091332

バブリーな橋(展望台にエロ本が落ちてました・・・)

Pa091335

間抜け3兄弟は今年も健在。

Pa091339

それにしてもこれを作ったのは絶対「いいヒト」に違いない。

このホノボノした感じは極悪人には出せない味だよ、これは!

 

冬師会館ADを12:30頃通過。

カッコイイ防雪シェルター。

Pa091343

中は温室みたいで結構暑いです。

にかほ高原の風車。

Pa091346

絶景のひばり荘復活してほしいな~

ここからは、本コースで一番のゴキゲンルート。

Pa091348

楽しいところは写真がないんです。

例年ドロドロになるんですが今年は絶コンディションでした。

下り切ったら、採石場跡。

Pa091350

ハイオク満タンでお願いします。

Pa091351

巨大ダンプも健在。

Pa091353

そして最後は例年の夕日ポイント。

今日はお天気ばっちりだから、夕日もバッチリ?

 

世の中そう上手くはいきません。

今年はラクチンコースなので時間が早くて、まだ14時過ぎ。

陽は高いところにありました。

Pa091355

夕日はなくても、気分は爽快!

Pa091358

海からの風を心地よく感じながら、ゴールまで後少し。

Pa091362

ゴール(150km 14:40)

Pa091364

芋煮最高ッス!

今年も無事に完走することができました。

 

大会関係者のみなさん、参加者のみなさん、おつかれさまでした。

そして楽しい時間をありがとうございました。

また来年もよろしくお願いします。

|

« 鳥海山グルッと一周MTBサイクリング(前日編) | トップページ | 鳥海山紅葉ハイキング »

2.MTB大作戦(イベント)」カテゴリの記事

コメント

いろいろトラブルもあったみたいで、お疲れさまでした!

またここにも私がいる・・( 〃∇〃)
走ってくる人が 「後光が射してる」 とか 「オーラが出てる」 とか言ってた意味が分かりました。
かなり逆光だったんですね(笑
私もかなりのモジモジカメラマンなので、逆光で助かりました( 〃∇〃)
○ンコ岩の先っちょのススキは良かったですね。

私もひばり荘は復活してほしいコースです。
今年は快晴で良かったですね。またサイクリングにいらしてください。

投稿: ボケちん | 2011年10月12日 (水) 10時18分

こんばんは

150km走破、お疲れ様でした。
MTBで150kmというときつそうですが景色がイイので距離を忘れそうですね。

投稿: なるかみづき | 2011年10月12日 (水) 22時25分

ボケちんさん
ママチャリで奥山林道おつかれさまでした。
あそこまでママチャリでくるなんてスゴイです。
逆光のせいだけでなく本当にオーラが出ていたかも・・・
小砂川のテクニカルなところで撮影されていたのもボケちんさんだったのですね。
来年も遊びに行きますのでよろしくお願いします。
※掲示板に写真アップしてくださったのですね。1枚いただかせてください。

投稿: codile | 2011年10月12日 (水) 23時30分

なるかみづきさん
こんばんは。
今年は天気が良くて最高でしたよ。
そういえば150kmのわりにそんなに疲れないのは景色のせいかもしれないですね。
一番辛いのは往復1300kmのクルマの移動なんです(泣)

投稿: codile | 2011年10月12日 (水) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥海山グルッと一周MTBサイクリング(前日編) | トップページ | 鳥海山紅葉ハイキング »