« 2011シーズン後半の予定 | トップページ | 王滝秋の陣2011 »

2011年9月10日 (土)

ドンドコ沢滝巡りとついでに鳳凰三山ハイキング

南アルプスのドンドコ沢に滝巡りに行ってきました。

P9100815

伊豆をAM3:00出発し、韮崎から青木鉱泉へ向かう。

青木鉱泉を訪れるのは約20年振り。

当時は未舗装の小武川林道を延々と走った記憶がありましたが、今は甘利山方面からの舗装路が開通していて快適に青木鉱泉到着(AM6:00)。

駐車場入口で駐車料\750/日を払って出発。

P9100746

予定では5:00出発でしたが、もう6時過ぎ。

出遅れました。

青木鉱泉(標高1095m 6:10) 20年前と何にも変わっていません。

P9100747

左:薬師岳直行ルート(中道)、右:ドンドコ沢 当然右へ。

P9100749

大規模堰堤の工事現場があり沢を横切る。

P9100751

最初は気持ちいいハイキングコース。

P9100753

もう秋だね~

P9100761

このコースはたくさんの沢を横切ります。

今日は蒸し暑いので沢を横切る度に顔を洗ってリフレッシュ。

P9100766

1時間ちょっと歩くと南精進ノ滝への分岐点。

迷わず左の滝方面へ向かうと、ゴーっという轟音と共にお目当てのモノが見えてきた。

P9100770

3mの岩をよじ登ると・・・

 

南精進ノ滝 AM7:45

P9100772

標高1600mですが、もの凄い水量!

そして虹。

圧巻です!

 

ロープの張られている急坂を登ると滝の中段からも眺めることができます。

しばしボー然と見とれる。

P9100778

オヤマボクチ

P9100781

南精進ノ滝の次は白糸の滝へ。

P9100782

秋だね~

P9100783

途中沢を渡るところで一休み。

P9100786

キタザワブシ

P9100788

この沢を越えたら急坂の連続。

本日1つ目の苦行ポイントです。

ヒーヒーいいながらゆっくり登る。

ここは本当に厳しい!

休憩しながら登るので目線は自然と地ベタばかり。

おいしそうなキノコ発見。

P9100792

左方面からゴーという滝の音が聞こえたら後少し。

白糸の滝(9:15)

P9100802

急坂を越えての滝は清々しい。

ここからは富士山もちょこっと見えました。

P9100804

富士の裾野で生まれ育った僕は富士山が見えると安心するのです。

清涼な南アルプスの水。

P9100808

この水の鮮烈さを味わってしまうと、ハイドレーションバッグのビニール臭い水なんて飲んでいられません。

P9100809_2

この先の分岐を左に進み、アザミでチクチクする道を通ると、ドンドコ沢最後の滝「五色ノ滝」が見えてきた。

P9100812

五色ノ滝(9:54)

P9100816

こころが洗われる~

ミストが広範囲に飛散していてマイナスイオンをたっぷり浴びる。

急坂を登ってきた体に心地よい。

 

さて、ドンドコ沢の滝はここでおしまい。

せっかくなので鳳凰三山に登ってみましょう。

 

まずはツノの生えた地蔵岳を目指す。

P9100825

鳳凰小屋(11:05)で一休み。

P9100827

ここから先は本日の苦行ポイントその2となる地蔵岳への砂登り。

P9100832

↑の5分後が↓の写真。

P9100833

景色が全然変わらん。

足元ズルズルの急坂の上、灼熱の太陽がまるで伊豆白浜のよう。

ヒーヒー言いながらも、ようやく地蔵岳到着。

 

地蔵岳(標高2764m 12:00) 花のつぼみのようなツノがカッコイイね!

P9100841

地蔵岳たる所以。

P9100838

せっかくなので、ここまで行って見る?

P9100851

つぼみのちょっと下で登攀は断念。

P9100843

上から観音岳を望む。

P9100845

あきらめて下った後、続々とチャレンジャーが挑戦。

P9100849

やっぱりあのツノはつぼみの形だね。

P9100855

地蔵岳で長らく遊んだ後は、次の観音岳を目指す。

賽の河原から赤抜沢の頭の稜線にでると・・・

北岳がど~んと見えるはずだったのですが、残念ながらガスの中。

P9100861

お昼すぎてガスが湧いてきました。

観音岳へ急ぎましょう。

P9100863

後ろを振り返ると花崗岩の岩稜がかっこいいね。

P9100867

ハイマツと花崗岩と白砂の気持ちいい稜線を歩く。

観音岳へ登る途中でついにガスに囲まれてしまいました。

P9100873

ホシガラス

P9100875

観音岳(標高2840m 14:00)到着 かなりバテテます。

P9100879

しばらくガス待ちしましたが、晴れる気配なし。

一瞬だけ見えた青空だけ記憶に残し、観音岳を後に。

P9100880

観音岳のホウオウシャジン

P9100882

次は薬師岳へ。

薬師岳へはほぼ下りオンリー。

P9100884

最後ちょこんと登ったら平らな山頂到着。

薬師岳(標高2780m 14:30) カメラをまっすぐセットできないほど超バテてます。

P9100891

後2~3時間早ければ、富士山や南アルプス一望だったはずですが、こればかりは鈍足を嘆くしかありません。

広い山頂は巨岩がごろごろしていて、みなさん思い思いの場所で休憩中。

P9100892

日帰り組の僕はのんびりしていられません。

ここから青木鉱泉まで標高差1745mの超ロングダウンヒルが待っています。

P9100895

俗に中道と呼ばれるシラビソの鬱蒼と茂る暗い道を黙々と下る。

P9100898

どれだけ歩いても同じ景色。

P9100899

途中、御座石という巨石のところで一休み

御座石(15:12)

P9100900

地蔵岳から同じペースで歩いている同じ日帰りの戦友さんとしばらくお話した後、ひたすら黙々と下る。

単調な中道で唯一の癒しポイントを発見。

ゴゼンタチバナ

P9100905

景色は笹の道に変わるが、この景色も1時間以上続く。

P9100908

この道に終わりはないんじゃないか?と思い始めた頃、ようやく林道に出る。

P9100910

この林道を30分あるいて・・・

P9100911

青木鉱泉に到着。(PM6:00)

P9100912

10時間くらいで走破する予定でしが、ほぼ標準コースタイム(12時間)を費やしてしまいました。

山歩き復帰2戦目にしてはちょっとハードなコース設定だったかも。

帰りは「むかわの湯」で汗を流してから帰還。

22:00 伊豆の国の自宅到着。

 

中道の延々と続く下りは厳しかったけど、ドンドコ沢の滝は素晴らしかった。

充実した1日となりました。

|

« 2011シーズン後半の予定 | トップページ | 王滝秋の陣2011 »

4.遠足大作戦」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

日帰りでコースタイム12時間は厳しいですね。
とはいえ私も行ってみたくなりました。

あと、1枚目の写真は滝壺近くの写真ということで
個人的には仁科川の三方滝を思い出させてくれました。

投稿: なるかみづき | 2011年9月12日 (月) 19時19分

なるかみづきさん、こんばんは。
10時間くらいで行けると踏んでいましたがちょっと舐めてました。
景色を楽しむなら一泊した方がいいですよね~やっぱり。
でも、このコースはお勧めです。是非天気のいい日に行ってみてください。
特に五色ノ滝は標高2200mとは思えない水量で圧巻でした。
※ちなみに三方滝は怪しげな施設?があるため、いまだ見たことがありません

投稿: codile | 2011年9月12日 (月) 21時18分

お疲れ様です。12時間の山行は日頃のバイクによる活力維持に寄るものですね。いつも圧巻の行動力と様々な知識は凄いですね。私は二ヶ月間山行ばっかりでバイクはお尻が痛くなりそうですが…鳥海山で!
アルプス行きたくやりました。でも今日は沼津から富士山眺めて日頃のCROCODILE殿のブログ画像と照らし合わせます(笑)
大滝も頑張って来てください((((゜д゜;))))

投稿: F木氏 | 2011年9月15日 (木) 11時24分

涼しそうですね~
それにしても、そのバックパック10Lですか?ってくらい小さく見えます^^
シラビソの球果は本物見たこと無いですが、やっぱり図鑑と同じようにヤニがくっついているんですね。
いつか、高山植物と山の鳥を観察しに行ってみたいです!

投稿: ふみや | 2011年9月15日 (木) 17時20分

F木さん、こんばんは。
F木さんも山男なんですね!この夏は楽しまれましたか?
南アルプスはアクセスが不便ですがチャンスがあれば是非トライしてみてください。楽しいですよ~
僕も今は山歩きが楽しくて、今年の鳥海山も回った後に登ってみようかと思ってます。
それはそうと今日は沼津なんですね。
午前中は富士山ばっちりだったでしょう?
あっ、沼津市街からだと愛鷹山の影に隠れるからダメかぁ~。
王滝は、怪我しないように頑張ってきます。

投稿: codile | 2011年9月15日 (木) 22時35分

ふみやさん。
涼しそうでしょう?
でも、そこまでのヒルクライムで実は全身汗ビッチョリなんです。
自転車と違って風が当たらないので乾かないんです。
シラビソに目をつけるとはさすがに本職(のタマゴ?)ですね!
ヤニ袋を押すといい香りがします

投稿: codile | 2011年9月15日 (木) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2011シーズン後半の予定 | トップページ | 王滝秋の陣2011 »