« ドンドコ沢滝巡りとついでに鳳凰三山ハイキング | トップページ | 秋の遠足(甲斐駒ケ岳ハイキング) »

2011年9月18日 (日)

王滝秋の陣2011

SDA王滝100km 秋の御嶽山絶景ツアーに行ってきました。

景色最高~♪

P9180941

春の王滝から3ヶ月ちょっと。

早くも秋の王滝の季節がやってきました。

このSDAシリーズの大会は「セルフ・ディスカバリー・アドベンチャー」の名の通り、すべて自己判断の自己責任が要求されます。

途中リタイヤしても自走で戻らなければならなかったり、今年の春の大会では台風直撃でも開催したり・・・

まぁ普通は重大な事故が起きたら主催者責任を追求されるので、天候が悪いと安易に中止する風潮なのですが、この大会は「いたれりつくせり」の他の大会に迎合することなく、大会コンセプトをよく理解して貫いていると思います。

そうこの大会は単なる自転車レースではなく、あくまでも「アドベンチャー=冒険」なんです。

 

さて、王滝100km。春秋合わせて今回で8度目に挑戦になります。

過去6回も完走していていまだに8時間を切れないのは僕くらいなものでしょう

 

今回は初めて日帰りにチャレンジ。

伊豆の自宅をAM1:00に出発し、王滝村到着はAM4:30。

道中、断続的に雨が降っていましたが、現場は霧で気温は19度。暖かい!

当日入りだと時間がないので、早速準備に取り掛かる。

 

本日の装備は・・・

ウェア:半袖ジャージ、レーパン、ニーウォーマー(ウィンドブレーカーは持参)

飲料:ハイドレーションバッグにポカリ2リットル、水掛け用に500mmボトル1本。

食糧:SATO TOP10 、ゼリー(即効元気)×3、一口大福×10

サドルバッグにチューブ2本

ツールボトルには、携帯工具、ポンプ、パンク修理キット、タイヤレバーなど

タイヤの空気圧はパンクが怖いので、前:3.0BAR 後:3.2BAR の高め設定。

AM5:30 準備完了。

P9180913

毎度のことながら爆撃ブーストイレは長者の列だったので見送ろうと思いましたが、スタート直前に見たら空いていたので突撃。

用を足して出てきたらスタート30秒前。

今回は最後尾からまったりと行きます。

P9180916

最後尾だとスタートライン通過は6:03でした。

スタート直後にサイコンが動作していないことに気付きましたが、大まかな距離感は分かるので問題ないかな。

 

スタート直後は10kmずーっとのぼり。

調子は良くも悪くもないいつもの感じなので、今日は多分8時間台でしょう。

春の大会で流された所。

P9180919

ここ本当はもっと上流が正規コースで絶景ポイントなんですが、崖崩れで封鎖されているため、春の大会からこの簡易橋を渡るコースになっています。

その簡易橋から見た上流の景色。

P9180922

御嶽山萌え~。

第1CP(チェックポイント)までの第1セクターは変化に富んだコースですが、路面コンディションはかなりグッド。

ちょっと水たまりや林道を流れる沢水が多いですが、王滝は白砂なのでグリップ的にはまったく問題なし。

35km地点の第1CPに9:30到着。

P9180925

第一CPは水とトイレがあるだけで見晴らしもよくないのになぜみんなここで休憩するのでしょうか?

水は天然の沢水がいたるところにあるし、もっと景色がいいところが沢山あるのに何故???

いつもは素通りですが、今回はその謎を解明するために僕も休憩してみました。

第1CPではその謎は分からず、第2CPへ向かう。

 

春は腰痛と寒さで泣きながら走った三浦貯水池の平坦路。

P9180928

秘境、三浦貯水池

P9180929

この辺まで来るとまわりを走る人も固定されて、同じ顔ぶればかり。

面白いのは傾斜に応じたペースがそれぞれ違って、同じ人を何回も抜いたり抜かれたり。

僕は平坦路や下りが遅くて、抜かれっぱなし。

でも登りが長く続くと、抜かれた人を抜き返せると行った具合。

 

その長く続く登りの途中から。

P9180936

ここからは単調な登りの世界。

P9180939

絶景キター

P9180940

この地獄谷が正面に見える角度の御嶽山は他からは見えないので貴重だね。

第2CP到着(12:10)

P9180944

第1CPの時もそうだったけど、ストレッチしているのか妙なポーズで写っている人が・・・

このブルで落石や崩落を片づけるのかな?

P9180947

第2CPで10分ほど休んでみましたが、結局CPで休むことのメリットは見つかりませんでした。

団体行動も苦手だし・・・

今後は効率良く休むポイントで止むことにしよう!

そして来ました!絶景ポイント。

P9180950

ここまでの激走でカラダボロボロでしたが、この景色に救われました。

P9180951_2

絶景の御嶽山を眺めながらの走りは最高!

 

長い長~い下りを下ったら、ようやくゴール!

8時間45分くらいでした。

P9180952

毎度のことですが、王滝の砂で化石となった我が相棒。

P9180953

一日中、御嶽山が見えたよい一日でした。

P9180956

実はこれまで王滝で3台カメラをダメにしているので、今日の目標は「カメラを壊さない」だったのですが、目標達成しました。

買ったばかりだったのでホッとしました。

|

« ドンドコ沢滝巡りとついでに鳳凰三山ハイキング | トップページ | 秋の遠足(甲斐駒ケ岳ハイキング) »

2.MTB大作戦(イベント)」カテゴリの記事

コメント

大滝は有名ですね~
春の時は、車乗れてるので参加してみようと思います!
こういうコースはゆっくり行くのが楽しいですね。

投稿: ふみや | 2011年9月19日 (月) 11時54分

ふみやさん
僕の実力でゆっくり走ったら脚切りDNFになっちゃうのが辛いところ。
ゆっくり走れるのは実力者の特権ですね。
王滝はBBの奥深くまで入り込んじゃう砂の洗礼を受けるので、分解整備も厭わないふみやさん向けです。
掃除のやり甲斐がありますよ~

投稿: codile | 2011年9月19日 (月) 21時09分

こんにちは。
後半部分でずっと抜いたり抜かれたりをしていた白いインテンスに乗っていた者です。
5月大会でHTのMootsで出場して話しかけさせてもらった同一人間です。

こんかいはHTで出場されると言っていたので出会うたびにたぶんそうなのかなーと思ってたのですが、やっぱりそうだったみたいですね。

天気が良くて楽しめましたね。
お疲れ様でした。

投稿: ひら | 2011年9月20日 (火) 11時40分

ひらさん
こんばんは。そして、お疲れさまでした。
今回は(も?)いっぱいいっぱいで全然気付きませんでした。申し訳ないです。
それにしても、天気最高でしたね。
地獄のような春の嵐も、秋のさわやかな晴天もどちらも王滝なんですよね~
豆しばをぶら下げてるのはたぶん僕くらいなので、今度見かけたら声をかけてくださいね~。
またいつかどこかでTeam Mootsで走りましょう!

投稿: codile | 2011年9月20日 (火) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドンドコ沢滝巡りとついでに鳳凰三山ハイキング | トップページ | 秋の遠足(甲斐駒ケ岳ハイキング) »