« いつものところへいつものように | トップページ | CSCひとり3時間耐久 »

2011年5月 3日 (火)

伊豆半島灯台巡りサイクリング(DNF)

伊豆半島の灯台めぐりに行ってきました。DNFだったけど・・・

Img_1022

神島橋 2011/5/3 5:56

Img_0991

天気予報は「晴れ」だったので、抜けるような青い空を期待したのですが、どよ~んとした曇天模様です。

まずは、山伏峠目指してGO!

・・・のつもりが、なぜかこんなところへ。

Img_0993

あれ~、どこで間違えたんだろう?

完全に迷いました。

MTBならワクワクする道ですが、ロードだと大変。

とりあえず突き進むと、ゴルフ場に出ました。

Img_0994

ゴルフ場横の道は舗装されていますが、結構な激坂。

なんとか登り切りましたが一本道は今度は下り一辺倒。

せっかく稼いだ標高が台無しに・・・

そしてたどり着いたのが、CSCの入口。

結局、ゴルフ場をぐるっと一周廻っただけだったようです。

出鼻をくじかれましたが、気を取り直して亀石峠を目指す。

裏亀石峠へ到着。

Img_0997

ここから伊豆多賀への道は最高!

Img_0999

伊豆多賀に降りたら海岸線を南へ進み、最初のターゲットとなる「伊豆網代灯台」を目指します。

立岩トンネル横の道を突き進む。

Img_1000

足元には「屏風岩」。左:男湯、右:女湯 って感じかな。

Img_1002

で、肝心の灯台はというと、影も形もありません。

2009年に廃止されたらしいのですが、どうやら仁科灯台と同様、撤去してしまったみたいです。

こういうものは残しておいて欲しいんですけどね~。

とりあえず、灯台があっただろう場所を背景に記念撮影。

Img_1005

昨日は黄砂で視界悪でしたが、今日は霧っぽい曇天で視界悪し。

Img_1008

次のターゲットは川奈埼灯台。

はい、川奈埼灯台ゲット!

Img_1013

えっ、どこに灯台があるかって?

岬の松の木の右横に立派な灯台があるのが見えますよね!

この灯台はゴルフ場に不法侵入しないとたどり着けないので、遠景でご勘弁ください。

Img_1015

そして次のターゲットは城ケ崎の門脇灯台。

ここは根元までアクセスできました。

Img_1017

この灯台は展望台になっていて自由に中に入ることができます。

Img_1018

吊り橋から灯台をのぞむ。

Img_1021

観光客でごった返す城ケ崎をあとに、次は稲取灯台へ。

僕が一番楽しみにしていたのが、この灯台。

Img_1029

<沿革>

明治二十五年、稲取漁民代表鈴木常右ヱ門等の発案によって建設計画がすすめられ、政府に申請すること数度いずれも容れられず、自力建設に踏み切る。

資金の積立募金をすすめ、明治四十二年十二月完成した。その経費八百五円、以後伊豆東海岸の難所トモロ岬付近に難破船がなくなると共に漁船の目標として重要な存在となったが、昭和十七年太平洋戦争激化と共に休灯、同二十年八月終戦と共に廃灯となる。

以後、四十年荒廃にまかせたが、昭和五十三年、石造灯台の構造技術の卓越性と共に、幕末の牟礼狼煙台、灯明台の史跡に所在することによって、町の歴史・文化の記念物として価値を認められ、文化財に指定、復元補強し、旧状に復した。

完成 昭和六十年二月

Img_1026

<性能>

海面上灯際まで、一二八米、石油ランプマントル装置付

光源 百燭光、出達距離 一〇浬(一八五二〇米)

明弧 (一九五度)

<備考>

初代灯台着手、萩原すげ、日本最初の女性灯台守として、明治・大正・昭和の三十余年にわたり点灯した。

漁民自主設立の後、稲取村管理することとなり、吏員小澤力(廃灯時助役)運営管理につくす。

Img_1030

お次は現役の「稲取岬灯台」。

海岸線の気持ちいい道を走っていると、その姿が見えてきました。

Img_1033

岬の高台にあるのが「稲取岬灯台」

Img_1035

プチヒルクライムで到着。

Img_1036

ここは公園になっていて見晴らしがよく、とても気持ちのいい空間です。天気がよければ・・・・

Img_1039

<稲取岬灯台>

稲取岬灯台は昭和四十七年三月二十五日設置点灯されました。

伊豆半島東海岸の岬に建設されたこの白亜の灯台は、会場交通の難所である伊豆半島沖を航行し、相模湾に出入する船舶の安全を確保するため、石廊崎、爪木埼の主要灯台と並んで海行く人達の道しるべとして大きな役割りを果たしております。

また、この灯台は無人の自動式で、常時下田海上保安部で遠隔監視を行っています。

Img_1040

「この灯台が、設置以来、数多くの船人の命と貴重な財貨を人知れず救ってきたであろうことを想うとき、これからも、夜毎美しい光を沖行く船に投げ掛け続けるよう祈念するものである。」

その稲取岬で、ネコ玉発見!

Img_1042

お次は下田の爪木埼灯台。

ところがここでトラブル発生!

お腹が突然P~P~言い出した!

熱川のコンビニでからあげ棒を食べた直後、ファンタオレンジを一気飲みしたのが悔やまれる。

緊急事態になると僕の脳内のCPUはクロックアップします。いわゆる火事場のクソバカ力ってやつですが、現在の状況から判断して最速で目的を達することができるのは「河津駅」と答えを導いた。

異変を察知してから、5分程度で河津駅に到着。

間一髪セーフ。

それにしても、1000分の1秒を争っている時にビブは最悪です。

肩ひもを引きちぎりたくなりました。

 

そんなアクシデントもあり、天候も悪いのでモチベーションが大幅ダウン。

このまま帰ることにしました。

やっぱ、灯台は青い海と空が似合うもんね!

ということで、ループ橋を通って天城越え。

Img_1046

国道のトンネルは命がいくつあって足りないので、旧道にエスケープ。

Img_1050

道の駅「天城越え」では、シャクナゲが満開。すごいことになっていました。

Img_1052

消化不良気味ですが(お腹ではなくて灯台めぐりの方です念のため) 、爪木埼灯台以降は天気のよい時にリトライしようと思います。

本日の走行距離:135km

 

それにしても、GWのクルマのピカピカ率の高さは異常。

|

« いつものところへいつものように | トップページ | CSCひとり3時間耐久 »

自転車大作戦(サイクリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつものところへいつものように | トップページ | CSCひとり3時間耐久 »