« 伊豆半島一周ウォーキング33(吉佐美~下田編) | トップページ | YUKIが来た~! »

2011年2月 6日 (日)

sweet43

昨夜、きたさんの記事に触発されて、脳内地図のO平山に印をつけてしまいました。

すぐに出かけるぜ~note

そんなわけで、夢見る43歳はO平山へ出かけて行ったのでした。

Img_0168

今朝の神島橋 2011/02/06 8:40

Img_0138

晴れてるけどかなりモヤってます。

いつものように狩野川沿いを修善寺方面に走り、遠藤橋から大見川沿いに中伊豆方面へ。

中伊豆温泉病院への分岐で緊張が走る。

この分岐、左は平坦路、右は法眼坂と呼ばれるかなりの坂。

Mじゃない僕はよほどのことがなければ左に行くのですが、先日この分岐でシニアカーにのった眼光鋭い翁に遭遇。

その翁は僕の自転車を一瞥し、その目でこう語りました。

「オマエさん、まさかそんな自転車で法眼坂を登らないわけじゃあるまいな!」

異様な眼力に圧倒された小心者の僕は泣く泣く法眼坂を登らされるはめに・・・

そんなわけで緊張が走ったわけですが、幸い今日は翁の姿は見えず、左ルートを選択。

お気に入りの冷川の風景。

Img_0139

伊豆スカイライン冷川IC付近。

Img_0140

ヤマセミ看板。

Img_0141

僕はまだ生ヤマセミを見たことがありません。

この辺にいるのかな?

いつもの林道へ突入。

Img_0142

今日はK峠ではなく4辻を目指すため、いつもの分岐をスルーして直進。

そして、それっぽいダブルトラックに突入。

でも、すぐに行き止まり。

Img_0145

沢沿いに行けそうなので突入してみる。

進むにつれてかなり怪しい状況になってきました。

Img_0146

野生の感を頼りに突き進むが、道なきヒノキ林に変わったところで、ようやく4辻へのルートではないことを悟る。

あきらめかけたが、見上げたヒノキ林の向こう側に稜線が見えたので、力技で押し上げて何とか尾根へ出る。

Img_0147

ここでK峠にあがる労力の5倍を消費してしまいましたsweat01

尾根道を左へ向かうと楽しいトレール三昧。

乗車率60~70%程度で4辻へ到着。

Img_0149

4辻から先は担ぎゾーン多し。

Img_0152

登り切ったらO平山かと思ったら全然違かった。

ただのピークでした。

Img_0153

ピークの向こう側は激下りすぎて最初は乗れないし・・・

でもちょっと押し下ったら、乗車できる斜度に。

倒木もバニーホップで回避・・・できない僕は降りて迂回。

Img_0154

それにしても今日はよくコケました。

下の写真は左のヒノキに肩が触れて右に飛ばされ転落。

Img_0156

それでも楽しいトレールを満喫。

その後、今日一番の担ぎポイントに。

Img_0158

昨日のウォーキングから回復していないフクラハギが悲鳴をあげる。

休み休み登っていたら、シカの大群が目の前を通過。

さらにそれを追って首に鈴を付けた猟犬も通過。

猟犬は僕に気付いて戻ってきたので、ちょっとビビりましたが、同じ鈴を付けたmoots号を同類と思ったのか、またシカを追いかけて行きました。ホッ。

さらに担ぎは続きます。

この坂は「キャベツ坂」っていうらしい。

Img_0157

どういう由来なんだろう?

キャベツも転がる坂だから?

でもこの斜度だったら、長ネギでもゴボウでも転がりますよ!

ようやく登り切ったら、ごきげんなトレールを通って展望所へ出る。

ここでドラヤキ休憩。

Img_0161

轍を見つけて意味もなく嬉しくなる。

Img_0162

yamaさんときたさんの跡かな?

さらにだだっ広い尾根道を通ってついにO平山山頂に到着。

Img_0163

ここでバウムクーヘン休憩。

Img_0169

滅多に写さない正面写真。

Img_0170

ここから先は広い尾根を下りたくなりますが、きたさん情報からそれには騙されず、山頂からこっそり出ている○山公園方面のトレールへ突入。

最初は激下り過ぎて乗れませんが、途中からごきげんルート。

でも僕にはちょっとテクニカルかな。

幅が狭くて何回か木に激突。

スピードがほとんど出ていないのでダメージはないんですけどね。

数回コケたりしながらも、あっという間に○山公園に到着。

楽しいのと必死なのとで写真は一枚もなしですcoldsweats01

結構びびって押してパスしたところも多々ありました。

いつかは完全乗車したいですねぇ~

ここは○山公園の広場。

Img_0173

さらにトレールは続く。

Img_0174

最後は階段を下って、公園入り口に到着。

Img_0176

帰りは土地鑑がないので一旦街中に出る。

Img_0177

そしていつもひらめ釣りでお世話になってるK納丸さんのある港に到着。

Img_0178

帰りは冷川峠を通って帰還。

Img_0181

楽しい帰りのルートも開拓したいなぁ。

 

本日の走行距離:65km

|

« 伊豆半島一周ウォーキング33(吉佐美~下田編) | トップページ | YUKIが来た~! »

自転車大作戦(サイクリング)」カテゴリの記事

コメント

「野生の感」お疲れ様でした~
詳しく書いてなくて、すいません・・・

トータル的にゴキゲンですよね^^
私は最後の公園迂回トレールの岩に激突してコケました^^;
帰りルート開拓同感です。できれば行きもよろしくお願いしますm(_ _)m

投稿: きたさん | 2011年2月 6日 (日) 21時07分

タイトル見てませんでした~

私は、sweet33です
甘酸っぱい青春しましょう^^;
ところで、codileさんもMOTO好きですか?

投稿: きたさん | 2011年2月 6日 (日) 21時12分

きたさん。
ごきげんでしたよ~
僕の野生の感は十中八九はずれるので困ったものです。
公園迂回ルートは落ち葉の下に落石がゴロゴロしてましたね。
ここは野生の嗅覚を働かせて回避できました。
僕はMOTOマニアではありませんが、そこそこのMOTO好きです。
カラオケで3曲歌っていいと言われたら、「悲しきRadio」が必ず入りますhappy01

投稿: codile | 2011年2月 6日 (日) 22時41分

codileさんと年が近かったのでビックリです。(゚0゚)
私はまんまと騙されて広い尾根をくだったら、階段を担いで林道まで下る羽目になりました。
きたさんは何故騙されなかったのか不思議です。野生の感ですかね。
山頂の○山公園方面?まったく気が付きませんでした。
帰りは○山公園をちょっと上った先から、沢口へ出て中伊豆に下るのがいいと思います。(ウソです。)

投稿: yama | 2011年2月 6日 (日) 23時13分

yamaさん。アラフォー仲間ということでよろしくです。
きたさんも間違えて一度くだっちゃったみたいです。
でも引き返してリトライするところが若さですね。
○山公園方面入り口はバウムクーヘンの裏あたりにあります。
帰りは沢口ルートも手ですね。あとは伊東側から4辻に出れたら面白いんですけど。
まだまだ調査要ですね。

投稿: codile | 2011年2月 7日 (月) 00時04分

またまたよさげな道ですね、←それしか最近言ってない
ぼくは2月5日に羽田までサイクリングしたんですけど
天気がモヤモヤしてました、
海の方に行くと必ずモヤってしまうのはなぜでしょか?

それと質問です、ハードテールとフルサスの
乗り味の違いを教えて頂きたいです~

投稿: キロ | 2011年2月 9日 (水) 23時37分

キロさん。
僕は自称晴れ男ですが、キロさんはモヤ男なんですね~
HTとFSの違いを万年シロウトの僕に聞きますか~?
ガレた下りではHTはリヤがポンポン跳ねるのに対し、FSはリヤサスが吸収するので何もしなくても安定して下って行けます。
まぁこの辺はたぶん想像の範囲だと思います。
僕が意外だったのは、FSだとフレームの特製がスポイルされると思っていたのが間違いということ。
チタンFSのmoots号は乗り味が堅く、カーボンHTのsuperflyの方が全然柔らかく感じます。
乗り味に関して言えば、FS/HTの違いよりも結構フレーム素材・特製に左右されるのではないでしょうか?
あとホイールもね。

投稿: codile | 2011年2月10日 (木) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊豆半島一周ウォーキング33(吉佐美~下田編) | トップページ | YUKIが来た~! »