« 決戦前夜 | トップページ | 箱根旧街道ヒルクライム »

2010年5月 2日 (日)

富士見高原カップ2010第1戦

富士見高原カップ・3時間エンデューロレースに行ってきました。

Img_0368

MCプロダクトさんのイベントは初めてですが、手作り感満載でこれぞ草レースって感じです。

参加者は残念ながら少なく、これが全出場者

Img_0370

自宅を5:00に出発して、到着は7:30。

風が冷たいですが、天気は最高。

南アルプスもクッキリ。

Img_0364

早速、コースを試走してみます。

スタート地点の駐車場からスキー場のゲレンデ上部へ周り込み、そこから甲斐駒目がけて気持ちのよい舗装路の高速ダウンヒル。

Img_0365

ゲレンデ半ばで芝の中を通り、ジグザグで下って、白樺の森へ。

白樺の森は小刻みなアップダウンが続く砂利の道。

Img_0367

ここを抜けたら、ゲレンデの中をジグザグ登り。

Img_0369

最後はゲレンデ脇の長~い登りの舗装路を通って駐車場へ。

Img_0371

全長約2.3km。

昨年のルイガノグリーンカップのコースと微妙に違うコース取りでした。

試走では10分程度のペースで走り続けられそうな感じだったので、目標を18周回に設定。

定刻の9:00にレーススタート。

ソロの選手は全部で4人の模様。

スタートはいつものごとく最後尾。

3位の選手に離されないようにペースを作ります。

下り慎重な僕はダウンヒルで離されるのですが、白樺の森で追いつくという展開。

白樺の森は小刻みなアップダウンがあって、勢いで走破しないと効率悪いのですが、こういう区間では29erの利点があるような気がします。

26インチの人が坂の途中で失速してヒト漕ぎするところを惰性で走破できるので、かなり脚を温存できました。

で、1時間経過したところで3位の選手がピットイン。

自動的に3位に繰り上げ。

2位の選手は遥か前方で見えません。

目標の無くなったここからが正念場ですが、10分/周を超過しないペースを維持してガンバリます。

白樺の森に入るところで森から出てくるBMCの選手とすれ違うのですが、どうやらこの選手が2位のようです。

このBMC氏とは毎周同じところですれ違うので僕とイーブンペースのはず。

白樺の森を抜けるには2分くらいかかるので、15秒~20秒ほどペースアップすれば1時間後には追いつく計算です。

ペースアップした次の周、計算通り差が詰まっています。

これはいけるかも!と思った次の周。差が元に戻っていました

結局、BMC氏には追いつけないまま3時間が経過し、レース終了。

ギャップを計算してペースコントロールするジェンソンバトンのようなBMC氏の走りに完敗です。

Img_0366

周回数は19周と目標達成。

3時間手を抜くことなくノンストップで走り切れたので今日の自分の走りには満足してます。

現状の僕の能力ではこれ以上速く走れません。

課題はやっぱり登坂性能向上ですね。

次のレースは、「アドベンチャー・イン・富士見」予定です。

目標は3時間30分切り???

|

« 決戦前夜 | トップページ | 箱根旧街道ヒルクライム »

2.MTB大作戦(イベント)」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした~ 目標達成おめでとうございます!
それとMTBいいですね。
やはり普通の道路を走る煙たいロードに乗っていると
MTBにあこがれてしまうんですかね。
ところでF1で好きな選手って誰ですか?
僕はキミ・ライコネンです。

投稿: キロ | 2010年5月 3日 (月) 23時47分

キロさん。オフロードのMTBは最高ですよ
でもMTBにも当然欠点があって、舗装路ではロードレーサーにガンガン抜かれるし、1日の移動距離もせいぜい160kmが限界でしょう。ロード乗りが初めてMTBに乗ったら、きっとその巡航性能の低さに愕然とすると思いますよ。ロングライドするなら、だんぜんロードレーサーです。
これからの季節、高原道路をロードレーサーでロングライドなんて乙でしょうし・・・
好きなF1レーサーですか?
'04シーズンからのマッサファンです。
こっそりザウバー時代のサイン入りキャップを持っていたりします。
過少評価される人は応援したくなります。

投稿: codile | 2010年5月 4日 (火) 01時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 決戦前夜 | トップページ | 箱根旧街道ヒルクライム »