« あてのないサイクリング | トップページ | 風 »

2010年3月15日 (月)

THE COVE

昨年訪れた和歌山県太地町の美しい入江。
この美しい入江が一つのとんでもない映画によって話題になるとは…

P1170469

THE COVE なるドキュメンタリー映画がアカデミー賞を受賞したらしい。
太地町で行われているイルカ漁を盗撮してイルカ食・イルカ漁の残虐性を訴える映画らしいが、アカデミー賞受賞というのが驚きだ。

「イルカのようなカワイイ動物を食べるのは非道で野蛮な行為だ!」
「湾を赤く染めるイルカ漁は動物虐待だ!」

冗談じゃない!

他の生物を殺して食べることは残酷なようだが当たり前のこと。
残念ながら生きるためには他の動物・植物を殺さなければならない。
それを野蛮な行為というのか?
だとすれば人間はすべて野蛮な生き物ということになる。

日本には犠牲になる生き物に感謝を捧げる風習がある。

これは、太地町のくじら供養碑

P1170477

こっちは、西伊豆町安良里のいるか供養碑

P1303347

探せばこれら供養塔はたくさんあるだろう。
はたして製作者の国では犠牲になる生き物を敬う文化はあるのだろうか?

少なくとも日本には自分達の非道さに目を背け、他国の一部地域の食文化を批難するような恥知らずの文化はない。

|

« あてのないサイクリング | トップページ | 風 »

9.その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あてのないサイクリング | トップページ | 風 »