« 伊豆半島一周ウォーキング19(岩地遊歩道編) | トップページ | 伊豆半島一周ウォーキング21(三浦歩道編) »

2010年2月 7日 (日)

伊豆半島一周ウォーキング20(日和山遊歩道編)

岩地の手前、一里塚のところで究極の選択です。

プランA:岩地の海岸に降りて日和山遊歩道を歩く

プランB:山側を通る三浦歩道を歩く

プランC:国道136号線を歩く

プランBも捨てがたいですが、ここはプランAで行くことに。

自称伊豆のコードダジュール「岩地」

P2073635

屋根をオレンジ色で統一してあっていかにもリゾート地っぽいのですが、意外にも集落には重厚な石垣が多く、「宝暦(1751~1763)」と刻まれた石仏があったりと、古くから開かれた土地のようです。

岩地ビーチの眺め

P2073636

さらに岬の先端にある日和山方向に歩を進めると、日和山遊歩道の案内板。

P2073637

「日和山(ひよりやま)」って漁のための見張りをする山につけられる名称で日本各地に存在しますね。同じ南伊豆の子浦にも「日和山」があります。

それにしても、案内板のくたびれ加減が嫌な予感。

遊歩道序盤はいい感じ。

P2073638

そしていきなりクライマックスとなる洞窟への道。

P2073639

が、この道、御覧のとおり海苔でツルツル状態。

とても立って歩けない状態。

そこで、恥も外聞もなく、這って渡りました。

その先はというと・・・

P2073643

海の洞窟。

出たところを振り返るとこんな感じ。

P2073641

そして岩山を登っていきます。

P2073640

壊れた手すりが嫌な予感。

そして、・・・・・

やっぱり。

P2073642

崩落だけでは飽き足らず、「スズメバチ」まで持ち出すところが、絶対に通行させないという強いメッセージを感じます。

まいりました。

そこまで言われたら退散しましょう。

来る時は海沿いの細い道を歩いてきましたが、帰りは「蟹ヶ浦トンネル」を通って帰りましょう。

P2073644

そしてここから岩地を脱出。

P2073645

伊豆半島一周ウォーキング21(三浦歩道編)に続く・・・

|

« 伊豆半島一周ウォーキング19(岩地遊歩道編) | トップページ | 伊豆半島一周ウォーキング21(三浦歩道編) »

5.伊豆半島一周ウォーキング大作戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊豆半島一周ウォーキング19(岩地遊歩道編) | トップページ | 伊豆半島一周ウォーキング21(三浦歩道編) »