« 「鳥海山グルっと一周MTBサイクリング」参加通知書到着 | トップページ | 来光川の鳥さん »

2009年9月21日 (月)

王滝大失敗

9月20日は今年一番の秋晴れの一日でしたね。
そんな好天日にSDA王滝100kmに出場してきました。
今回が5度目の出場になります。
持ちタイム9時間台の自分としてはレースというよりサイクリングに近い感覚なので目標は常に完走。
今年は素晴らしい天気なので写真100枚(1枚/km)撮ることも目標に加えました。
が、今回は明らかに準備不足でした。
来年に向けていくつか失敗談など・・・

<スポーク折れ>
前日にリヤホイール(MAVIC)のスポーク折れ発見。
MAVIC CROSS MAXは特殊形状のスポークなので予備を持っていないとお手上げ。
あわてて2年も使っていないボントレガーを引っ張り出し、ディスクとスプロケットを移植。
ボントレガーはかなり振れていましたが止む無し。

<エア漏れ>
フロントタイヤからエア漏れ。
チューブレスのIRCシラクですがエアを3気圧入れても、わずか2時間後にはスカスカ状態。
タイヤをKENDAの新品に換えて見ましたが現象変わらず。
時間がないので、とりあえずチューブを入れて対処することに。

<宿がとれない>
宿の手配はのんびり構えていましたが、5連休を甘く見ていました。
よさげな宿はどこも取れず結局、車中泊することに。

<車中泊は寒い>
寒いと聞いていたので、防寒着と毛布を準備していましたが、寒さは想像以上でした。
日没からグングン気温が低下し、2時~4時の段階では気温7度。
この時間帯は寒さで眠れませんでした。
もう一枚厚手の毛布が必要でしたね。

<ウエイトコントロール失敗>
失敗というよりも何も制限しなかったので当然の結果なのでしょうが結局80kg(目標より5kg増)で出場することに。
あ~、一度でいいから60kg台のカラダで走ってみたい!

<自転車並べ>
実力通りに降順で並べるのが調和がとれて美しいと思っているので、自分の実力相応の場所に並べるように時間調整します。
持ちタイム9時間の自分は全体の8割くらい後方の位置が相応だと思いますが、5:30に並べてほぼドンピシャリ。
これはうまくいきました。

<爆弾投下失敗>
AM4:00頃、早目に済ましてしまおうと思い、まだ人が並んでいないトイレへ直行。
が、不発。スタート直前に投下準備できたが、爆撃ブースは長蛇の列で投下できず。
内緒の話ですが、野戦で済ますことに・・・

<参拝失敗>
スタート直前の御嶽山に向けての儀式(二礼二拍手一礼)に間に合いませんでした。
その頃、僕は野戦中で・・・
その罰が当たったのか、この後とんでもないことに・・・

<装備>
スタート直前はかなり寒いですが、暑くなることがわかっているので上下半袖にアームウォーマーのみ。これは正解。
ハイドレーションバッグにポカリ2リットル、ボトルには冷却用の水、補給食としてゼリー3パックとアミノバイタルの粉3袋。
これも過不足なく正解。

<スタート~第1CP>
定刻通り6:00スタート。
かなり寒いので体をあたためるようにクルクル回して舗装路を登ります。
しばらくしてダートに突入しますが、今年はパンパンのドライで非常に走りやすかったです。
最初のヒト山越えた後はいつもとコースが違っているらしく、舗装路の下りをハイスピードで下ります。
舗装路が多かったので例年よりみなさんタイムがいいんじゃないでしょうか?
ただ今年はパンクと転倒者が多かった印象があります。
コースコンディションが良すぎて、みなさん飛ばし過ぎ?
第1CPは3時間ちょっとで到着。
完走するには問題ないタイムでちょっと安心。

<第1CP~第2CP>
三浦貯水池までは脚が元気なうえ、天気も最高で絶好のサイクリング気分。
写真もバシバシ撮っていましたが、ここで事件発生。
写真を撮ろうとカメラを取り出そうとしたらカメラがない・・・
・・・
どうやら第1CP後の下りでフレームにくくりつけてあったケース毎すっ飛んでいった模様・・・
カメラがなくなったことよりも、絶コンディションの素晴らしい写真が撮れなくなって残念。
せめてゴミにならないよう誰かに拾われてくれることを願うのみです。
ここでモチベーションが一気にダウンしたため休憩していたら、山口から初参加という方が話しかけてくれました。
何でも片道800kmとか・・・
でもカメラのショックでふさぎこんでいたので、ロクに話のお相手ができずごめんなさい。

<第2CP~第3CP>
写真撮影という目標を失った僕ですが、「完走」というもうひとつの目標に向けて再始動しました。
ただいつものことですが、王滝はここからがつらいんですよね。
コースも第2CP直前の下りからガレガレになってきました。
下りも登りもコース取りに神経を使います。
今回僕はあえてコースマップを持参しませんでしたが、これ正解でした。
マップがあると先を見据えて力をセーブしたりしますが、マップがないと今の状況でベストを尽くすようになるので、結果はいいんじゃないでしょうか?
無限坂もコツコツ登って行ったら、思ったよりあっさりクリアできました。
まぁ、僕の場合には登りより下りの方が苦手なので、「下り来るな~下り来るな~」って走ってましたが。

<第3CP~ゴール>
第3CPを過ぎたら、後は根性だけですね。
ただ下りだけはどうしても好きになれません。
本当にサスペンション効いているのか?っていうくらい振動しますが、みなさん平気なんですかね?
握力が限界に近づいた頃ようやくゴール。

タイムは8時間30分台くらいでしょうか?
少しは進歩しているようです。

それにしても、あれだけクリアに見えた御嶽山の写真をここに載せられないことが返す返すも残念です。
帰りの道中でも、南アルプス・中央アルプスが全部くっきり。
こんな日はそうそうないでしょう。
それだけに残念でなりません。

|

« 「鳥海山グルっと一周MTBサイクリング」参加通知書到着 | トップページ | 来光川の鳥さん »

2.MTB大作戦(イベント)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。鳥海山と王滝を検索してたどりつきました。

僕も毎年王滝に参加し、鳥海山にも参加します。
カメラ残念でしたね。僕はカメラ持ってないので他の参加者のBlogであの王滝の景色を楽しんでおります。
鳥海山も晴れると良いですね。雨が恒例な大会だけに心配です。
ともに鳥海山楽しみましょう。

投稿: kan164 | 2009年9月25日 (金) 12時50分

kan164さん コメントありがとうございます。
いつもbakaukeBlog見させてもらっていたので、僕にとっては「はじめまして」という感じじゃないですが(笑)。
王滝の景色は素晴らしかったですね。
鳥海山も僕が出場した2年前からいい天気が続いているので、きっといい天気になるでしょう!(根拠なし)
鳥海山でお会いしましょう!

投稿: codile | 2009年9月25日 (金) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「鳥海山グルっと一周MTBサイクリング」参加通知書到着 | トップページ | 来光川の鳥さん »