« 働く車両 | トップページ | 信州小谷ヒルクライム »

2009年7月18日 (土)

信州小谷MTBヒルクライム

小谷MTBヒルクライムに行ってきました。

富士山国際ヒルクライムに続き、HC2度目の挑戦。

前回は全完走者中、最下位だったので、今回は最下位脱出が目標です。

お天気が心配されましたが、道中ずっと曇りで、松本辺りでは薄日が差してきて、ひと安心。

と思ったのもつかの間、大町からは土砂降りの雨でした。

受付は小谷村の姫川温泉。

Dscf0560

受付のすぐ前は姫川と大所川の合流地点なのですが、大雨で御覧のとおり。

P7180852

Dscf0564

これ、落ちたらきっと死にます。

P7180843

でも幸いなことに、スタート1時間前からは雨はほとんど上がってきました。

スタート直前。

いつものごとく、皆さんの邪魔にならぬよう、最後尾に並びます。

Dscf0568

人数は30人くらいでしょうか?

ロードと違って人が集まらなくて寂しいかぎりです。

13:00スタート。

最初の8kmは舗装路ですが、スタート直後から結構登ります。

2つほどヘアピンを過ぎると、もう集団は見えなくなってしまいました。

みなさんレベル高すぎ。

Dscf0567

最初の九十九折れを過ぎると傾斜も緩くなり、自分のペースで走れます。

この時点でたぶん後ろから3~4番手。

20mほど前方にキャノンデールの方がほぼ同ペース走っているので離されないように頑張ります。

沿道では小谷村のみなさんが暖かい声援を送ってくださり、気分は最高。

序々に高度があがってくると左のがけ下に絶景が!

Dscf0600

下山時の写真なので自転車の向きが逆ですが、こんなロケーションです。

Dscf0603

舗装路も終盤になると、キャノンデールの方が見る見る近づいてきたので、思い切ってパス。

そして8km地点の林道へ突入。

Dscf0596

この林道、前半はほぼ平坦。沢を越える直前2か所に下りがあります。

ここでパスした人に抜き返されます。

ただ、このオアシスのような平坦区間も2kmほど走ると本格的な登りに突入。

この登りで先行選手が失速。

並んだ際、エールを送りパスさせてもらいます。

途中数カ所に給水所があり、紙コップで手渡してくれるのですが、この水がおいしいのなんの!

Dscf0589

残り5kmからは1km毎に標識があり、残り距離を励みに頑張ります。

雨飾山も序々に大きく見えてきました。

Dscf0588

沿道のアジサイも綺麗。

Dscf0584

そして残り500m。

Dscf0573

久しぶりに前方に選手発見。

斜度も緩いのでダンシングで追いますが、届残り50mの斜度がキツくなったところで、息切れ。

先行選手の5m後方でゴール。

タイムはかろうじて2時間を切ったくらいか?

ゴールのごほうび。

Dscf0569

世界広しと言えども、ゴール後にキャビアが食べれる大会はここくらいなものでしょう。

Dscf0570

とりあえず、僕の後方にも数人いたようで、目標は達成した模様。

遅すぎて、受付に戻った時には表彰式は終了した後だったため、正式なリザルトは不明です。

とりあえず、来年の目標は「表彰式までに下山すること」に決定しました。

明日はロードのヒルクライムに挑戦です。

|

« 働く車両 | トップページ | 信州小谷ヒルクライム »

2.MTB大作戦(イベント)」カテゴリの記事

コメント

はじめましてこんにちわ。
小谷HCお疲れ様でした、土曜の午前中はザンザン降りで「ホントにやるのかよ?」
地元ボランティアさん「ええやりますとも」てな感じでしたが、雨が上がってなによりでしたね。
ああ、あと3km地点の写真に写ってる「黒いヤツ」とベシャベシャの砂利で挫けそうになりましたよ、ホント。

投稿: クロコ | 2009年7月22日 (水) 11時59分

クロコさん、はじめまして。
午前中はホントに凄い雨でしたね。
僕も川のような砂利道に幾度となく挫けそうになりましたが、沿道のみなさんやボランティアのおじいちゃん、それに下山してくる選手さんに励まされると、がんばれちゃうから不思議です。

投稿: codile | 2009年7月22日 (水) 20時58分

雨の中、両日ご参加くださりありがとうございました。
MTBレースの表彰式を先に行ってしまい 申し訳ありません。
①MTB大会は戸数45戸の大網集落と姫川温泉集落の2集落で行っている大会で、実に高齢化率65%の元気なお年寄りが中心となって行っている大会です。
②日曜日の大会は戸数90戸の中谷集落で高齢化率55%「ここも元気なお年寄り」が頑張っている大会です。
平成4年から始めている大会ですが、途中充電期間がありましたが10回を数えました。もうじき20年になります。年も取ってくる訳です。
小さくて「ちっぽけな」大会ですが、田舎らしい大会にしたいと思いますので、ご意見ご感想をよろしくお願いいたします。

投稿: 大会スタッフ | 2009年7月23日 (木) 11時52分

大会スタッフ様。お世話になりました。
おじいちゃんたちの「がんばって~」、「気を付けて~」は、コンビニの取ってつけたような「ありがとうございました~」とは明らかに違くて心地いいんですよね。是非今のスタイルのままで、そして願わくば、僕があのおじいちゃん達の年代になっても参加できるよう、今と変わらぬスタイルで存続し続けて欲しいです。
よろしくお願いします。

投稿: codile | 2009年7月23日 (木) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 働く車両 | トップページ | 信州小谷ヒルクライム »