« オオイヌノフグリ | トップページ | 松崎のお花畑 »

2009年3月21日 (土)

南伊豆歩道(妻良~吉田~入間)

今日は南伊豆町の妻良(めら)から入間(いるま)まで南伊豆歩道を歩いてきました。

看板の説明によると、

南伊豆歩道は、「中木」から「妻良」までの約12kmのハイキングコースで、中木から入間・吉田の2つの集落を経て妻良まで続くので、
コースも中木~入間、入間~吉田、吉田~妻良の3つのコースに分けられています。
南伊豆海岸を堪能できるコースですが、起伏に富んだ歩道ですので、十分な計画をたててからハイキングを楽しみましょう。

P3211985

妻良港から136号線を少し南下したところから林道に入ります。

P3211889

ここは「妻良」です。
これより左へ林道を行けば、歩道はツル性の植物が繁茂したジャングル景観コースを通り吉田の集落へと抜けます。
その先、樹齢800年のビャクシンがある白鳥神社や千畳敷を経て入間へ、そして中木の集落へと歩道は続いています。
コースを守り、自然を大切にし、ゴミは持ち帰りましょう。

P3211893

最初は舗装路の林道を行きます。

P3211896

花が鈴なりです。

途中、「夫婦岬」への分岐がありますが、時間がないので立ち寄らずに進みます。

P3211898

舗装路が終わったところで、菜の花が咲いていました。

名もない岬ですが、見えている浜は「南谷川浜」というらしいです。

残念なことですが、この崖の下はゴミだらけ。

どこでもそうですが、車の入れる人目がつかないところはゴミだらけ。

多くの林道が車両進入禁止になってしまっていますが、これもしょうがないでしょう。

P3211901

ここから先はジャングルの中のハイキングコースになります。

P3211904

歩道はよ く整備されていて安心して歩けます。

P3211907

今日はベタ凪ですね。

右手の岬はお猿さんで有名な「波勝崎」。その手前の島が「宇留井島」。

P3211910

妻良方面を振り返ると小島が見えました。

「京の字島」というらしいです。

P3211911

人の顔に見える不気味な岩が見えてきました。

中が脆いようで、たくさんの空洞があります。

P3211913

しっかりした木製の階段で岩の右側を登ります。

P3211918

以前来た時には岩穴の中に立派なスズメバチの巣があったのですが、なくなっていました。

でも、痕跡は残ってますね。

P3211926

歩道の脇にたたずむ「タチツボスミレ」が目を楽しませてくれます。

P3211933

不気味な岩のところから眺望のないジャングルの中を登り続けると、立派な案内盤がありました。

どうやら吉田までの工程のピークはここらしいです。

看板には書いてありませんが、二十六夜山への登山道らしきものがこの看板のところから出ていました。

P3211936

ピークを過ぎたら、明るい下りの道になりました。

P3211935

トカゲさんもひなたぼっこ中。

P3211937
南向きの下り道は「ムラサキケマン」がびっしり繁茂しています。

花はあまり綺麗ではありませんが、葉の緑が逆光を受けて輝き、長い下りの辛さも忘れるほど幻想的でした。

P3211938

P3211940

舗装路に出ました。吉田の集落です。

ここまでで1時間20分ほど。

P3211941

ここは「吉田」です。
これより右へ向かえば、県指定天然記念物で樹齢800年を超える「ビャクシン」がある白鳥神社に向かい、吉田の浜、富戸の浜、千畳敷を経て入間の集落へと行きます。
また、背面左方向に進むと、ツル性植物が繁茂したジャングル景観コースや林道を行く妻良までのコースです。
コースを守り、自然を大切にし、ゴミは持ち帰りましょう。

P3211944

白鳥神社。左手前が件の「ビャクシン」。

P3211945

枝がすごいことになっています。

P3211952

吉田の浜。

ゴールの入間は岬の山の向こう側。まだまだです。

P3211958

P3211960

吉田の浜からはひたすら登ります。

P3211961

吉田までのコースの後半は海がほとんど見えませんが、こちらのコースはご覧のとおり、右側に常に海が見えます。

P3211971

吉田の浜を振り返る。

P3211973

大きな船がたくさん通ります。

P3211981

このコースは右側どこを見ても絶景です。

P3211976

ここがピーク。ここから富戸の浜まで下ります。

P3211982

P3211987

「ウラシマソウ」がたくさん咲いていました。

茎がセロリみたいでおいしそうですが、「毒草」なので決して食べないように!

P3211992

登ったり下ったりで「富戸の浜」到着。

P3211991

P3212002

沖磯はメジナ師で大賑わい。

P3212005

今年初めて蝶を観ました。

「ルリシジミ」?

P3212008 

これは何スミレ?

富戸の浜からは、またまた登りです。

P3212012

右手に「富戸の浜」、正面奥に「吉田の浜」。

かなり登りましたが、まだまだ途中です。

P3212013

左手に均整の取れた小山が見えます。

これから、この山のピークと同じくらいまで登ります。

P3212017

ようやくピークに到着。

誰かがブイを拾って持ってきた模様。富戸の浜に同じブイが転がっていました。

P3212019

おそらくコース中ここが一番標高が高いと思われます。

この景色は歩いてここまで来た人しか味わえない景色なので格別です。

P3212022

P3212030

入間までひたすら下ります。

P3212033

舗装路に出ました。

左方面に登ると入間方面。右方面に下ると千畳敷方面。

千畳敷方面に下ります。

P3212040

結構下まで下ります。

P3212048   

細い通路を通った先は・・・

P3212051

千畳敷に到着。

想像以上に広い!

サッカーができるほど広いです。

P3212053

昔石を切り出した痕跡。

P3212055

P3212065

口野の千畳敷とは比べ物にならないくらい広いです。

P3212070

突き出した岩の付け根に穴が!

P3212071

反対側から。

  P3212073   

反対側を観ると小さな滝がありました。

千畳敷を後にし、先ほどの分岐点まで戻ります。

P3212076

舗装路を延々と登った後、ハイキングコースを下ります。

P3212083

入間に到着。

P3212084

出たところは入間港でした。

P3212085

これで予定していた行程は完了ですが、車を止めてある妻良まで戻る必要があります。

バスはほとんどないため、136号線を徒歩で戻ります。

P3212092

途中、差田の集落で見つけた雰囲気のある建物。

P3212100

おさるさんの絵が書いてある妻良トンネル。

P3212102 

ようやく妻良に到着。

P3212103

妻良 === 90分 === 吉田の浜 === 50分 === 富戸の浜 === 60分 === 千畳敷 === 40分 === 入間 === 100分 === 妻良

|

« オオイヌノフグリ | トップページ | 松崎のお花畑 »

4.遠足大作戦」カテゴリの記事

コメント

初めて拝見させて頂きました
私は南伊豆にて海の遊びを提供させて頂いておりますが
吉田 米良のトレッキングコースは行ってみたかったので
すがまだ行った事がありませんでした
HPの写真を見せて頂きまして全コースは無理ですが
一部でも今度行ってみようと思います

又良い場所がありましたら教えて下さい

投稿: 今澤 | 2016年8月31日 (水) 18時22分

>今澤さん
コメントありがとうございます。
南伊豆歩道は日本百名山の登山コースに勝るとも劣らない素敵なコースだと思います。
特に吉田〜千畳敷がオススメです。
ただ夏は草ボーボーだと思いますので、11月〜4月の頃に是非!

投稿: codile | 2016年8月31日 (水) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオイヌノフグリ | トップページ | 松崎のお花畑 »