« やっぱり鳥がすき | トップページ | 走り初め »

2009年2月13日 (金)

新幹線でよく見る嫌な奴

その一 サキイカをつまみにビール飲んでいる人
はっきりいって臭いんです。駅構内・車内は禁酒にして欲しい。

その二 喫煙車で煙草を吸った直後、禁煙車に来て僕のとなりに座る人
あなたは一生気がつかないと思いますが、めちゃくちゃ臭いです。
お願いだから喫煙車から出てこないでください。

その三 フルリクライニングさせる人
あなたの脂ぎった後頭部までわずか40cm。
超不快なんですけど・・・

その四 ガラガラなのにあえて僕の隣に座る人
僕のこと好きなんですか?
それとも今朝の占いで言われたラッキーナンバーの座席に座りたいとか?

その五 座席に荷物を置いて隣に座るのを妨害する人
特に「ここいいですか?」と声をかけるとものすごーく露骨に不快感を出して
荷物をどける人には殺意が走ります。
そんな人の隣には座りたくないので「嫌ならいいですよ」といって立ち去ります。

その六 三島駅到着直前にグリーン車を大移動する人たち
三島駅のホームの階段は東京よりなので1~7号車の自由席の人たちは少しでも階段に近づこうと8号車9号車のグリーン車を横切って大移動します。
ゆったりしたくて大枚はたいてるのに落ち着かないんですけど・・・

その七 携帯電話の着信音を鳴らす人
会話は容認できますが、着信音を平気で鳴らす人は人間としての資質を疑います。
「笑点」の着メロがなった日には殺意が芽生えます。

その八 子連れの馬鹿親
子供が騒ぐのはいいのですが、その親のなだめ方が最悪です。
「騒ぐとおじさんに怒られるよ!」僕が怒りたいのはお前だ!

その九 荷物にリクライニングさせる馬鹿たれ
よく見る光景。
座席に座ります。
荷物を隣の座席に置きます。
自分の座席をリクライニングさせます。
荷物を置いた座席もリクライニングさせます。
おいおい、荷物をリクライニングさせてどうする。

その十 鏡越しに目があうあなた
お化粧するのは勝手ですが、鏡越しにこちらを見ないでください。
目が合うと恋に落ちそうです。

|

« やっぱり鳥がすき | トップページ | 走り初め »

9.その他」カテゴリの記事

コメント

大きい声では言えませんが暇だったので昔の日記を読んでいました。
まだちょっとしか読んでないけど、面白いです。
codileさんはA型ですか?
うちの相方は“その一”はやりそうですね~。私も何か色々やってるかも…
人生の中で新幹線に乗ったのは一度だけです。
その時の相方にめちゃくちゃ腹が立ったので、二度と乗らないと思いました

投稿: ボケちん | 2012年1月19日 (木) 12時00分

>ボケちんさん
A型バレましたか~(*^_^*)ポッ
新幹線は通勤で毎日乗っているのですが、リゾート気分満載の観光客とバトルが絶えません(笑)。
二度と乗らないと思うほど腹の立つことってなんだろう (・_・)?
寝過して起きたら博多だったとか・・・
酔っぱらって裸になったとか・・・
売り子さんを口説いていたとか・・・

投稿: codile | 2012年1月19日 (木) 21時09分

通勤で毎日 都会だ (しつこくコメント書いてすみません)

たぶん、女性脳と男性脳の違いですね。
10年程前に東京に行く用事があったんですが、相方が
「たまには新幹線で行ってみない?
と言うので、女性脳いっぱいの私は
“新幹線=景色でも見ながらお喋りする”
と勝手に妄想していたんです
そしたら、読書家の相方は駅の売店で小説を何冊か買い込んで、
席も満席だったみたいで、相方は何の疑問も無くかなり離れた席を予約していて、
東京まで私は知らない人の中で じーーっと景色見て、相方は読書に集中して、東京駅に着いた時、
「やっぱり、新幹線は読書だよね~サイコ~
みたいな。。
codileさん、男っぽい感じだから相方の脳の仕組みの方が理解できるでしょ

投稿: ボケちん | 2012年1月19日 (木) 22時37分

>ボケちんさん
田舎住まいだから新幹線で働きに出てるんですよ~。
脳の性別診断をやってみました。
http://homepage1.nifty.com/apartment/shindan/

【結果】
あなたは、とても男性的な脳の持ち主です。
あなたは、繊細な感情の動きなどには全く無頓着であり
そのため、女性が何を考えているのか全く分からないタイプです。
また、性格は攻撃的で他人とのコミニュケーションを大切にしない傾向もあります。

ヒー、ごめんなさい。
相方さんに代わりに深くお詫び申し上げますm(_ _)m

投稿: codile | 2012年1月19日 (木) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱり鳥がすき | トップページ | 走り初め »